制服と私服どっちが良い?軽貨物ドライバーの服装事情について

配達業者の制服といえば、その会社の華でもありますし、走る広告塔としての役割もあります。

近年では、特定の配送業者の制服人気が上がっていて、制服姿のカレンダーなども販売されているのはご存知でしょうか。

一方、軽貨物ドライバーとして働く際に、好きな服装で業務をできる方がよいという方と、制服の方が良いという方もそれぞれいます。

仕事をしていく上で、制服でないと上手く配達業務が回らないこともありますし、私服で涼しい格好をしていくことで酷暑をしのぐことができたという声も。

今回は、軽貨物ドライバーの服装事情について、以下の点を中心にまとめていきます。

  • 軽貨物ドライバーの服装事情
  • 自由な服装と制服の良い点や悪い点について

以上の項目について、詳しくご紹介していきましょう。

軽貨物ドライバーの服装事情とは

企業に雇われている軽貨物ドライバーはその企業の制服の着用が義務になっている場合も多くあります。

佐川急便ヤマト運輸といった配達大手の制服は非常に有名ですし、『佐川男子』や『佐川女子』といったカレンダーが販売されているほどです。

制服によってどこの企業の配達員なのか分かる一方、不自由さを感じている軽貨物ドライバーも多くいるのも事実なのではないでしょうか?

個人事業主として働いている軽貨物ドライバーは服装自由であるため、自分の働きやすい格好で働いている人も多くいます。

自由な服装や格好ができるといっても、荷主や配達先に不快感を与えるようなことがあってはならないため、自分で考えて働く必要が出てくるでしょう。

働き方による様々な軽貨物ドライバーの服装事情についてご紹介していきます。

企業に雇われた軽貨物ドライバーの服装は基本制服

企業に雇われた軽貨物ドライバーは基本的には制服の着用が義務付けられているところも多いです。

服装だけでなく、髪型や髭、ピアスの有無など、他の仕事の社会人と同じように職務規定で決まっているところもあります。

制服と台車やトラックでどこの企業なのか分かるため、企業イメージが下がらないような服装や格好が必須となるのは当然でしょう。

特定の宅配業者の制服に愛着やファンもいることから、制服姿の社員のカレンダーを売っている企業もあり、制服がその配送業者の顔や広告塔となっているのが現状です。

個人事業主の軽貨物ドライバーの服装は基本的に自由

個人事業主として業務委託を受けて働く軽貨物ドライバーは、服装も格好も自由に働くことができることが多いです。

自分の働きやすい格好で働けるという点に魅力を感じる方も多いですし、特に夏場は荷物を持ちながら涼しくない格好で働くというのもきつい話なのではないでしょうか?

ですが、依頼主や送り主に不快感を与えるような見た目で働くということはおすすめできません。

まだまだ日本の社会では服装や格好が自由である仕事への偏見もあるため、最低限の身だしなみはしっかりとしておく方が、ビジネスを成功させていく上で良いでしょう。

軽貨物ドライバーにとって服装は制服が良い?自由が良い?

軽貨物ドライバーとして働いていく上で、服装は制服の方が良いのか、自由が良いのかという議論があります。

良い点も悪い点もそれぞれあるため、一概には言えませんが、依頼主や配達先の事情によって考えなければならない点もあるのが現実です。

服装が制服という場合と、自由という場合のそれぞれについて、メリットやデメリットをご紹介していきましょう。

軽貨物ドライバーにとって制服はメリットばかり?

軽貨物ドライバーの仕事をしていく上で、制服であるというのはメリットが多いです。

例えば、マンションや住宅街などで、人目見て信頼のある配達業者だと分かることでスムーズに配達が進むでしょう。

タワーマンションによっては、制服ではない配達業者の入場を断るというコンシェルジュもいるところがあるため、気をつけなければなりません。

制服着用によって、仕事とプライベートとの区別がしやすいという現場の声や、多少汚しても、私服が汚れた時のショックよりも制服の方が少ないという方もいました。

制服を貸与される場合、費用もかからないですし、その日からすぐに働けるというメリットも見逃せません。

制服着用によって、身分の証明になったり、仕事とプライベートとの切り替えになったり、服の汚れを気にしすぎなくて良いといったメリットがあります。

服装自由が軽貨物ドライバーにとってデメリットになることも・・・

服装自由というのは、毎日制服やスーツで働いている方にとっては、非常に魅力的なのではないでしょうか。

真夏にスーツで大汗をかきながら、顧客めぐりや営業を行なった経験がある方もいるでしょう。個人事業主として働く際に服装の自由というのは非常に魅力的だという声も多いです。

ですが、一方で、自由な服装ゆえのデメリットもあります。先ほどもご紹介したように、私服では入れない配達先もありますし、住宅街で不審者に思われることもあるでしょう。

毎日の配送の服装を自分で考えて用意しないといけないため、週の営業日数よりも少し多めに洋服を用意しなければなりません。

配達用の服装を準備している間は仕事ができませんので、思わぬ事業の出遅れもあるでしょう。服装を準備する費用もかかりますので、初期投資も若干多くかかってしまいます。

また、下請けの軽貨物ドライバーには制服を着用させないという配達業者もあるのはご存知でしょうか?

制服の着用の仕方がめちゃくちゃな委託先があったとのことで、だらしない着こなしが企業ブランドの低下を招くという判断からのことだと思われます。

企業によっては、制服着用させる人を選んでいるという実態もあるので、気をつけてください。

細かいことですが、私服だと汚れや引っ掻いて破れてしまうといったことを避けたくなる心理も出てくるのではないでしょうか。

服装を揃えるための初期費用や社会的な信用度といった点で、私服で働くというデメリットにも目を向けていかなければなりません。

軽貨物ドライバーへの制服貸与詐欺もあるので注意が必要!

制服を着て軽貨物ドライバーとして働いていく場合に注意しなければならない点があります。

制服を貸与してもらう場合、貸与のために一定の金額を請求してくる配送業者もあるのが現実です。良心的な金額なら良いのですが、高額の制服貸与代を要求してくる悪質な業者もあります。

服装として的確な金額なのかや、他の業者の貸与費用と比べて割高すぎないかどうかをしっかり見極めて、貸与していくようにしましょう。

貸与費用だけでなく、制服を返す際のルールなどもしっかりと確認しておかないと、悪質な契約をしてしまう可能性がありますので気をつけてください。

まとめ:「服装に関係なく軽貨物ドライバーのプロとしての仕事をしよう!」

軽貨物ドライバーの服装事情についてご紹介していきました。制服にせよ、私服にせよ、メリットやデメリットの双方があるだけでなく、依頼主の意向や配達先の事情によって、左右されることも否めません。

ですが、どのような格好をしていても、依頼主の依頼に対して、誠実に対応し、誠心誠意配達先に荷物を確実にかつ破損などないように運ぶことが軽貨物ドライバーの仕事です。

見た目によって、仕事の質が落ちるということはプロとしてあってはならないでしょう。

自分が最高のパフォーマンスを出せて、かつ周りの人に不快な気持ちを与えないような服装で日々の軽貨物ドライバーとしての業務をこなしていくことが重要です。

軽貨物ドライバーJP
軽貨物ドライバーJPは東京都を中心に埼玉、千葉、神奈川県全域で軽貨物運送事業、軽貨物運送オウンドメディアを運営しております。豊富な案件を取り扱っており、現在も老若男女問わず、多くのパートナードライバーさんが活躍してくれています。弊社は共に働くパートナーさんを第一に考える会社です。また随時、パートナードライバーさんを募集しています。気になることやご相談も小さなことでも構いません。まずはお気軽にお問い合わせください。軽貨物ドライバーJPの求人ページはこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。