• HOME
  • ブログ
  • コラム
  • 軽貨物ドライバー大人気の働き方!気になるルート配送の仕事内容や収入とは?

軽貨物ドライバー大人気の働き方!気になるルート配送の仕事内容や収入とは?

軽貨物ドライバーに人気の働き方であるルート配送についてご紹介していきます。

安定した収入と決められた仕事内容を毎日繰り返すことも多いルート配送。配達する荷物は思っている以上に多岐にわたり、さらに働く時間も早朝から日中、深夜と自分のスタイルに合わせて仕事をしていくことも可能です。

ルート配送にもメリットや注意点ももちろんあります。

今回は、気になるルート配送の仕事内容や収入についてもご紹介しながら、ルート配送で仕事を行うメリットと注意点についても詳しく説明していきましょう。

軽貨物ドライバーに人気の仕事!ルート配送とは

軽貨物ドライバーの中でも特に人気の仕事が「ルート配送」。ルート配送の仕事内容や収入など、気になっている方も多いのではないでしょうか。

軽貨物ドライバーの多くの人が気になっているルート配送について、仕事内容や収入を中心にご説明していきましょう。

ルート配送の仕事内容とは

ルート配送とは、事前に決まった市場や店舗、企業への集配を業務の中心とする仕事内容です。

毎日、決まっている場所に配送していくことができるため、道に迷ったり、事前に道路事情を確認したりする必要も少ないのも特徴になります。

さらに働く時間も様々で、早朝勤務から日中の勤務、夜間の勤務があり、自分の好きな生活時間で働くことができるのも魅力でしょう。

運ぶ荷物も様々で、メール便のような軽いものから野菜や工場のパーツ、クリーニングの集配など依頼主のニーズに合わせた運送になります。

軽貨物ドライバーに人気なルート配送の収入について

ルート配送は、基本的に一日保証金額で働いていくことになります。

成果報酬ではなく、1日いくらという形で働いていくため、収入が安定するのがルート配送の特徴です。

具体的な一日保証金額の相場は日中フルタイムのルート配送ですと、13,000円から16,000円くらいになります。

半日のルート配送の仕事ですと、上記の金額の半額6,500円から8,000円あたりが多いです。

月に22日間稼働するとした場合の月収は、フルタイムですと、286,000円から352,000円ほど。

半日ですと上記の半額143,000円から176,000円ほどです。

年収換算していくと、フルタイムのルート配送の場合、年収約340万円から約420万円ほどに。

半日のルート配送になると、上記の半額、年収約170万円から約210万円ほど収入として得られるでしょう。

軽貨物ドライバーにとってルート配送のメリットと注意点とは

軽貨物ドライバーにとって、ルート配送での仕事はどのようなメリットと注意点があるのでしょうか。

ルート配送のメリットには、以下の4点が挙げられます。

  1. 煩わしい人間関係に悩まされないこと
  2. 同じルーティンで仕事ができること
  3. 収入が安定していること
  4. 労働時間が短く済むことも多いこと

一方、ルート配送の注意点としては、以下の4点です。

  1. 配送のルールが厳格なことが多いこと
  2. ルート配送は信用第一であること
  3. 人と交流して働くことが少ないこと
  4. 高収入を目指すことは難しいこと

軽貨物ドライバーがルート配送していく上でのメリットや注意点について、それぞれ具体的に説明していきましょう。

ルート配送のメリットとは

ルート配送のメリットは大きく分けて「煩わしい人間関係に悩まされないこと」や「同じルーティンで仕事ができること」、「収入が安定していること」、「労働時間が短く済むことも多いこと」の4点があると説明しました。

それぞれのメリットについて詳しくご説明していきます。

煩わしい人間関係に悩まされない

ルート配送では、所定の場所に荷物を置いておくように指示されることも多いです。そのため、煩わしい人付き合いも少ないので、人間関係を構築したり、保つことが苦手だったりする方にとって、働きやすい仕事だと言えるでしょう。

人間関係に悩んだ結果、軽貨物ドライバーの仕事につく方も多いです。ルート配送はそういった方でも安心して活躍できる仕事でしょう。

同じルーティンで仕事ができる

ルート配送の仕事はルーティンワークであることも多いでしょう。

同じ配送先へ同じ荷物をほぼ毎日のように運ぶことも多いため、ルーティンワークでストレスなく効率的に働きたいという軽貨物ドライバーにとって最適な仕事です。

しっかりと集配のルーティンや道を覚えることで、効果的に安定して稼いでいく点もルート配送の魅力だと言えます。

収入が安定している
ルート配送は、一日保証金額で働いていくことになりますので、安定して収入を得ていくことが可能です。

特に、軽貨物ドライバーの仕事を最初にしていく案件として、ルート配送は最適な選択になります。

軽貨物ドライバーの仕事内容を覚えたり、配送のコツを自分なりに見つけたり、働くのに最適な時間を見つけるなど、最初の仕事としてルート配送はおすすめしたいです。

軽貨物ドライバーの仕事で安定して収入が得られる案件は人気ですので、求人をみつけたら早めに応募するようにすると良いでしょう。

労働時間が短く済むことも多い

ルート配送は、他の軽貨物ドライバーの仕事内容と比べて、労働時間が短くなることが多いです。

基本的に、依頼先の荷物の集配が終わり次第、その日の業務は終わりになります。

繁盛期など荷物量が多い時には、労働時間も多少長くなることはありますが、他の軽貨物ドライバーの仕事と比べると大幅に勤務時間は短いです。

子育て中の方やシングルマザーの方、自分の趣味の時間を充実させたい方など、自分のライフワークバランスに合わせた働き方ができるのもルート配送の魅力だと言えます。

ルート配送の注意点とは

駆け出し軽貨物ドライバーに人気のルート配送ですが、もちろん良い面だけではありません。

ルート配送の注意点について、大きく分けて「配送のルールが厳格なことが多いこと」や「ルート配送は信用第一であること」、「人と交流して働くことが少ないこと」、「高収入を目指すことは難しいこと」の4点があげられるでしょう。

ルート配送の4つの注意点について、詳しく説明していきます。

配送のルールが厳格なことが多い

ルート配送の仕事では、配送のルールが厳格なことが多いです。

集配の時間厳守は当たり前ですが、時間だけでなく、集配場所のどこに何をどのようにおけば良いのかを詳しく決められていることも多く、守らない場合には依頼主の信頼を大きく落としてしまいます。

しっかりと、依頼主からのルールを確認し、作業していくことが大切です。必ず守るようにしましょう。

ルート配送は信用第一!

ルート配送は信用第一です。依頼主と対面で仕事する時間が少ないということは、信頼や人間関係も築いていくことが難しいということでもあります。

ですので、配送のルールや時間、破損や損失といったルート配送の軽貨物ドライバーとして必要最低限度のことを守らない場合、継続した依頼を得ることは難しいです。

依頼主からの信用をしっかりと得られるよう、誠実な仕事がより一層求められることも頭の隅に入れて仕事を行っていきましょう。

人と交流して働くことが少ない

ルート配送では、1日中、挨拶くらいでまともに人と話さずに仕事が終わったという日もあります。

そのため、コミュニケーションを楽しみながら仕事をしていきたい軽貨物ドライバーにとっては、あまりルート配送はおすすめできない仕事でしょう。

ですが、寡黙にかつ誠実に働くことが好きな人にとっては、ルート配送の仕事は大変おすすめできる働き方です。

自分の性格面も考慮に入れながら、ルート配送を請け負っていくかどうか考えるのもありなのではないでしょうか。

高収入を目指すことは難しい

ルート配送は一日保証金額で働いていくため、安定した収入を得られます。

収入がある程度計算できてしまうというデメリットもあるため、高収入を期待している軽貨物ドライバーにはおすすめできない働き方でしょう。

ルート配送を早めに終わらせた後で、他の単発の仕事を請け負うなどしていくことでより収入を増やしていくことは可能です。

ルート配送だけでは高収入を目指すことは難しいので、他の単発の配送をこまめに請け負うことで収入アップを目指していくということが求められるでしょう。

まとめ「ルート配送は軽貨物ドライバーから人気」

収入も安定していて、労働時間も短いことからルート配送は大変軽貨物ドライバーに人気の仕事内容になっています。

ですが、高額収入を得ることはできないので、注意が必要です。

人付き合いが苦手だったり、毎日のルーティンワークや同じ仕事をしていく方が好きだったりする方にとっては、ルート配送は魅力的な働き方になるでしょう。

自分自身の収入の目標や生き方などを考慮した上で、ルート配送という働き方も検討していくのが良いのではないでしょうか。

軽貨物ドライバーJP
軽貨物ドライバーJPは東京都を中心に埼玉、千葉、神奈川県全域で軽貨物運送事業、軽貨物運送オウンドメディアを運営しております。豊富な案件を取り扱っており、現在も老若男女問わず、多くのパートナードライバーさんが活躍してくれています。弊社は共に働くパートナーさんを第一に考える会社です。また随時、パートナードライバーさんを募集しています。気になることやご相談も小さなことでも構いません。まずはお気軽にお問い合わせください。軽貨物ドライバーJPの求人ページはこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。