軽貨物ドライバーに人気の案件!スポット便の仕事内容やお金の話について

高単価で軽貨物ドライバーに人気のある仕事内容としてスポット便に注目が集まっています。

単発の依頼であるため、人間関係の煩わしさも少なく、かつ短時間の労働時間で大幅に稼げるスポット便は多くの軽貨物ドライバーが受注したいと考えていることでしょう。

ですが、人気であるがゆえにスポット便を引き受けるのも競争が生まれてきてしまっているのが現実です。

「どのようにしてスポット便を受注していくことができるのか」「やスポット便の仕事内容」、「気になる収入面の話」など、メリットや注意点にも言及しながらご紹介していきましょう。

目次

気になる軽貨物ドライバーのスポット便とは

スポット便とは、単発で入る軽貨物輸送のことで、基本的には半日程度の仕事。
稼働時間や配送する荷物など仕事内容によって料金も変動していくため、うまくいけば高額の案件で仕事ができるというのもスポット便の魅力です。

スポット便の詳しい仕事内容や収入、受注されるためにはどのようにしていけば良いのかといった軽貨物ドライバーが知りたい内容について、詳しくご紹介していきましょう。

スポット便の仕事内容とは

スポット便は単発で依頼されるケースがほとんどで、荷主の希望に合わせて配達先に時間厳守で輸送していく仕事が多く依頼されます。

スポット便では、急に配達が必要になった荷物を時間厳守で請け負ったり、企業の繁盛期に自社のトラックだけでは運びきれないような荷物の運搬を請け負ったりなど、きめ細かい単発の依頼をこなしていくことで収入を得ていく働き方です。

軽貨物ドライバーの気になるスポット便の収入とは

スポット便の収入の目安としては、半日4時間から6時間近く働いて1万円くらいが相場になっています。時給換算していくと2000円ほどになるでしょう。

スポット便の依頼を受ける際には、単価だけを気にするだけでなく、何時間の拘束時間なのかを確認しておくようにしなければなりません。

単発での依頼ばかりですので、安定した収入というのを期待することは難しいのが現実です。

3月や7月、8月、12月といった運送業の繁忙期には多くのスポット配送の案件があるため、繁忙期にはある程度の収入や単価の良い仕事が期待できるでしょう。

単発な案件ばかりですが、単価が高いことが多いので、多くのスポット便を受けていくことで収入を増やしていくことができます。

軽貨物ドライバーがスポット便を受注されるためには

軽貨物ドライバーがスポット便を受注していくためにはどのようなことをしていけばよいのでしょうか。

軽貨物ドライバーが行なっているスポット便の受注方法として効果的な方法は以下の3点が挙げられます。

  1. 委託業者に頼む。
  2. 実績を積んで依頼を受けやすくする。
  3. 再依頼してもらえるように全力で仕事をする。

それぞれの効果的なスポット便受注方法についてご紹介していきましょう。

委託業者に頼む

軽貨物の事業者を束ねている委託業者にスポット便の案件がないか聞いてみるという方法があります。

委託業者でも軽貨物事業者を企業に紹介することで報酬をもらうケースがほとんどですので、積極的に仕事を紹介していきたいと考えているところが多いです。

こちらの希望条件とマッチするような案件があった場合には積極的に受けていきましょう。

実績を積んで依頼を受けやすくする

スポット便の実績を少しずつ積んでいくことで、案件が回ってくることが多くなってきます。

単価が安い案件でも、実績のために引き受けていき、将来的に納得のいく単価のスポット便の案件が得られるようにしている人も多くいるのが現状です。

実績がない軽貨物ドライバーよりも実績がある軽貨物ドライバーに仕事が集まっていきますので、スポット便を中心に行なっていきたい場合には実績を他の軽貨物ドライバーよりも多く、多種多様な配達で積んでいくことが重要になります。

再度依頼してもらえるように全力で仕事をする

基本的にスポット便は単発での依頼が中心になっていきます。

ですが、企業からの依頼も個人からの依頼でも、信頼できる軽貨物ドライバーには再度依頼したいと考えている依頼主も多いのが現実です。

さらに、急な案件も受けてもらえるフットワークが軽い軽貨物ドライバーが重宝されるので、いつでもスポット便を受けてくれる軽貨物ドライバーは重宝されるでしょう。

単発だからといって手を抜いたり、気を抜いたりせず、一生懸命仕事をしていくことで、またの機会に依頼されることもあります。

一期一会の仕事を大切にして、スポット便を受けていくようにしましょう。

軽貨物ドライバーがスポット便をメリットと注意すべき点について

軽貨物ドライバーがスポット便を受けていく上でのメリットと注意すべき点について、ご紹介していきましょう。

スポット便を受けていくメリットには、以下の点があげられます。

  • 副収入として考えると割が良い案件が多い
  • 実績を積んでいくことでより高額なスポット便がまわってくることも
  • 様々な地域にいくことができる点

一方、スポット便を受けていく際に注意すべき点としては、以下の3つが多い点としてあげられるでしょう。

  1. スポット便だけで生活することは困難である点
  2. 時給を計算してから受けないと低価格な案件であることも
  3. 条件の良いスポット便の案件は取り合いになることも

スポット便を受けていく上で、軽貨物ドライバーにとってメリットや注意すべき点についてご説明していきます。

スポット便を軽貨物ドライバーが受けるメリットとは

スポット便を受けていくメリットには3つほどあり、「副収入として考えると割が良い案件が多い」ことや「実績を積んでいくことでより高額なスポット便がまわってくることも」あること、「様々な地域にいくことができる点」があげられるでしょう

それぞれのメリットについて、詳しくご紹介していきます。

副収入として考えると割が良い案件が多い

スポット便は副収入として考えると割が良い案件が多いのが特徴です。

単価もさることながら、他の業務の空き時間や休日にスポット便を受けていくことで収入を増やしていくことも期待できるでしょう。

軽貨物ドライバーの副業としてスポット便は美味しい仕事だと言えます。

実績を積んでいくことでより高額なスポット便がまわってくることも

スポット便の仕事の実績を積んでいくことで、委託業者や荷主、企業からの信頼が上がっていきます。

信頼が上がっていくことで、より高額なスポット便を依頼されるということも多いです。

一つ一つの案件をしっかりとこなしていくことで、依頼主の信頼を得ていくことが高額単価のスポット便を得られる可能性が高まっていきます。

様々な地域にいくことができる点

スポット便の案件によっては、地方への配送といった様々な地域へ荷物を運んでいくことができます。

仕事をした後に、温泉に入って帰ってきたり、お土産や地元の美味しいものを食べて帰ってきたりするなどの楽しみもあるのもスポット便の魅力です。

スポット便の仕事だけでなく、様々な土地での楽しみを見つけていくことがスポット便を楽しんで仕事をしていくことができるでしょう。

スポット便を受ける軽貨物ドライバーが注意すべき点とは

スポット便を受けていく際に注意すべき点として、以下の3点あります。

  • 「スポット便だけで生活することは困難である点」
  • 「時給を計算してから受けないと低価格な案件であることも」
  • 「条件の良いスポット便の案件は取り合いになることも」

それぞれの注意点についてご紹介していきます。

スポット便だけで生活することは困難である点

スポット便は単発の仕事であるため、いつ、どのくらい仕事が入るのか計算できないということがあげられるでしょう。

スポット便だけで生活していくのは非常に困難です。

時給を計算してから受けないと低価格な案件であることも

単価だけでスポット便を引き受けると、時給換算すると非常に安くなってしまうこともあります。

単価だけでなく、拘束時間はどのくらいあるのかや配送にかかるコストはどのくらいなのかなど、しっかりと考えて受けていく必要があるでしょう。

計算した結果、低単価になってしまったという依頼も多くあるのが現実です。

条件の良いスポット便の案件は取り合いになることも

条件の良いスポット便は非常に人気であるため、案件が取り合いになってしまいます。

案件を得るためには実績が重要になってくるでしょう。様々な配送を行った実績や、配送件数、取引のあった企業名など、今までの仕事の結果からより大きな仕事を受けられるようになります。

より条件の良い案件を受けられるようになるためにも、普段の仕事を全力で行い、実績を積んでいきましょう。

まとめ「スポット便は副業としては大変割に良い仕事だが、スポット便だけで生計を立てていくのは大変難しい」

スポット便の仕事内容や収入、受注の仕方、メリット、注意点についてご紹介していきました。

軽貨物ドライバーにとってスポット便は副業としては大変割に良い仕事ですが、スポット便だけで生計を立てていくのは大変難しいのが現実です。

本業とうまくバランスをとりながら引き受けていくことで、より年収を増やしていくことができるでしょう。

スポット便を受けるメリットや注意点をしっかりと頭の中に入れながら、より軽貨物輸送で高収入を目指していくのが現実的なのではないでしょうか。

[clink url=”https://keikamotsu-driver.jp/what-is-the-reality-of-keikamotsu-charter-flights/”]

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる