軽貨物ドライバーの魅力!年齢関係なくできる仕事に就きたい人必見

軽貨物ドライバーの仕事は何歳までできますかという質問をよくもらいます。結論から言いますと、軽貨物ドライバーの仕事は年齢関係なく、何歳になってもできる仕事です。

ではなぜ、軽貨物ドライバーの仕事は年齢関係なく、何歳でもできる仕事なのか、軽貨物ドライバーと年齢についての現状や国土交通省・総務省のデータなども踏まえてご紹介していきます。

軽貨物ドライバーは年齢に関係なくできる仕事

軽貨物ドライバーは年齢に関係なく仕事ができるのが最大の魅力です。なぜ年齢に関係なく仕事ができるのかは次の見出しでご紹介することとしまして、こちらの見出しでは軽貨物ドライバーの年齢事情についてご紹介していきます。

総務省の「労働力調査」といった統計データを見ていくことでも軽貨物ドライバーの年齢事情が見えてくるでしょう。

様々な年齢の人が活躍している軽貨物ドライバーの世界

軽貨物ドライバーの仕事に従事している人の年齢は様々です。運転免許取立ての10の方もいれば、60の方まで、幅広く活躍しています。

とにかく健康や体が資本の仕事です。健康を保ち、体もテキパキ動かせるうちは仕事をこなしていくことができるでしょう。

サラリーマンと違い、定年はないので、自分が続けていきたい年齢まで仕事をしていくことができるのも軽貨物ドライバーの魅力です。

軽貨物ドライバーを含むトラック産業の年齢事情

軽貨物ドライバーを含むトラック産業の年齢事情についてご紹介していきましょう。平成27年度総務省の「労働力調査」によりますと、トラックドライバーの年齢構成は40歳~54歳まででトラックドライバー全体の44.3%を占めています

さらに55歳以上の方の比率よりも18歳~34歳までの方の比率が少ないというのが特徴です。総務省の統計データから、日本のトラックドライバーの高齢化と、若い人材確保が急務という事情も見えてきます。

若い年齢のトラックドライバーが増えてこないため、高齢のトラックドライバーにも仕事を振らないと成り立たないという構図が分析できるでしょう。逆に言えば、若いトラックドライバーにとって、チャンスだと言えます。

高齢のトラックドライバーが退職していくにつれ、彼らが担っていた仕事が回ってくるため、今後も仕事の量は確保されていくでしょう。トラックドライバー全体ではなく、軽貨物ドライバーの傾向も同じです。

現状は40歳~54歳までの軽貨物ドライバーが多いですが、若い軽貨物ドライバーにとっては高齢ドライバーが退職していくことで仕事もより回ってくるため、仕事量は増えていくでしょう。

他の産業と比べて高い軽貨物ドライバーの平均年齢

国土交通省の「自動車運送事業の働き方改革に関する関係省庁連絡会議について」によると、自動車産業の運転業務従事者の平均年齢は、他の産業の平均年齢よりも3歳~17歳ほど高齢であるというデータが出ています。

ちなみに全仕事の平均年齢は42.2歳というデータが出ているのが日本の社会の現状です。軽貨物ドライバーに焦点を絞って、同資料を見ていきましょう。

他の産業と比べて中小型トラックの運送業務従事者は3.2歳ほど平均年齢が高い45.4歳というデータが出ています。高齢者の社会参加が積極的に日本の社会で促されていますが、軽貨物ドライバーの仕事の世界でも同じ事情があることがうかがえるでしょう。

軽貨物ドライバー固有の年齢事情と、日本の社会事情もあって、軽貨物ドライバーは年齢に関係なく仕事を行えるといえます。

トラックドライバー不足が深刻

トラックドライバー不足が深刻であるのも日本の貨物運送業の問題点でしょう。国土交通省の「トラック産業の現況について」によると、トラック産業は国内貨物の輸送の4割強ものシェアを担っています。

ですが、トラック産業の有効求人倍率は2.76倍で、全産業の有効求人倍率1.52倍と大きく差が開いてしまっているのが特徴です。仕事があるにもかかわらず、人材が集まらないため、慢性的な人材不足が続いているという状況が分析できるでしょう。

年齢関係なく軽貨物ドライバーの仕事ができる理由

年齢に関係なく軽貨物ドライバーの仕事ができる理由について、ご紹介していきましょう。年齢に関係なく軽貨物ドライバーの仕事ができる理由は大きく分けて2つあります。

1つ目は、軽貨物ドライバーは「個人事業主」であるという点。
2点目は、「配送荷物が増加傾向」だからという点です。

軽貨物ドライバーは「個人事業主」であるという点と「配送荷物が増加傾向である」というこの2点について詳しくご説明していきます。

年齢に関係なく軽貨物ドライバーができるのは「個人事業主」だから

軽貨物ドライバーが年齢に関係なく仕事ができる理由として「個人事業主」であるということが言えるでしょう。

個人事業主には年齢制限や定年といったものがありません。自分が続けたいと思う時まで働くことができますし、逆に辞めたいと思った時に辞められます。

他の仕事をしていて、定年後に軽貨物ドライバーの仕事を始めたという方もいますし、サラリーマンの方の副業として、軽貨物ドライバーの仕事を始めたという人までいる世界です。

免許取立ての10代の方と定年後の60代の方が、対等な立場で、同じ土俵で勝負していけるというのも軽貨物ドライバーの仕事の魅力でしょう。

確定申告や、営業といった経営上の苦労も個人事業主にはあります。

ですが、そういった苦労を差し引いても軽貨物ドライバーの仕事は年齢関係なくできるという魅力が光り輝いているのではないでしょうか?

年齢に関係なく軽貨物ドライバーができるのは「配送荷物が増加傾向」だから

軽貨物ドライバーが年齢に関係なく続けられる理由は個人事業主だからという理由だけではありません。近年、ネット通販が買い物の主流となっていて、軽貨物ドライバーが運送する荷物の量が著しく増加しています。

ですが、荷物の量は増加しているにもかかわらず、軽貨物ドライバーは増加していないため、今軽貨物ドライバーの仕事をしている人に依頼が集中しているのが現状です。

国土交通省の「ドライバー不足等トラック業界の現状と課題について」によると、トラックによる荷物の輸送量は平成14年ごろを境に右肩上がりになっています。

ネット通販がどんどん主流な買い物となってきた年代と重なっていることもデータから分析できるでしょう。輸送量があるため、軽貨物ドライバーとして働ける方なら年齢関係なく働いて欲しいというのが業界全体の認識だと言えます。

さらに近年、国際的な疫病の流行時にライフラインを支える産業として見直されており、実際、国際的な疫病が流行った際には、運送量の増加だけでなく、ライフラインを守る産業として活躍の機会も増えたということもありました。

ネット通販の隆盛と社会的な事情からも軽貨物ドライバーの需要が大変高まっております。60代でも70代でも、健康で体が動いて、安全運転できる方ならしっかりと仕事が入ってくるでしょう。

まとめ

軽貨物ドライバーと年齢について、国土交通省や総務省のデータなども踏まえて現状をご紹介していきました。

軽貨物ドライバーが年齢関係なく続けていける仕事である理由は、個人事業主であることだけでなく、近年の輸送量増加傾向も関係しています。

人手不足やドライバーの高年齢化といったこともあり、軽貨物ドライバーの求人も高い傾向が続いているのも現状です。

健康で体が動くうちは働くことができるというのは、軽貨物ドライバーの仕事の魅力の一つでしょう。自分のペースで長く働きたいという方に軽貨物ドライバーの仕事を強くおすすめしたいです。

軽貨物ドライバーJP
軽貨物ドライバーJPは東京都を中心に埼玉、千葉、神奈川県全域で軽貨物運送事業、軽貨物運送オウンドメディアを運営しております。豊富な案件を取り扱っており、現在も老若男女問わず、多くのパートナードライバーさんが活躍してくれています。弊社は共に働くパートナーさんを第一に考える会社です。また随時、パートナードライバーさんを募集しています。気になることやご相談も小さなことでも構いません。まずはお気軽にお問い合わせください。軽貨物ドライバーJPの求人ページはこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。