【最初の選択】軽貨物ドライバーの仕事を始めるなら車両は持ち込むべきか?

軽貨物ドライバーの仕事を始めるに際し、自分の車両を所持して働くかどうかということは悩みの種になっています。

車両の購入費など、開業資金の大半をしめていることもあり、二の足を踏んでいる人もいるのではないでしょうか。

ですが、自分の軽貨物車両を持つことで請け負うことができる仕事が多くなるというのも現実でしょう。

今回は軽貨物車両を所持し、車を持ち込みで軽貨物ドライバーとして働いていくことに焦点を当てて、仕事のイメージや車を持ち込んで働くメリット・デメリットについてもご紹介していきます。

メリットやデメリットを確認してから軽貨物車両を所持し、持ち込みで委託先から仕事を請け負っていくかどうかを決めてみても良いのではないでしょうか。

目次

車を持ち込み働く軽貨物ドライバーとは

軽貨物自動車

業務委託先に自分の軽貨物車両を持ち込んで仕事をしている軽貨物ドライバーが多くいます。

ですが、どのような働き方をしているのかや、車両を持ち込んで働くことのイメージがあまり分からないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、車を持ち込み働いている軽貨物ドライバーについて、

  • 自分の車両を持ち込んで働くことが可能
  • 委託先がなくてもアプリで仕事を始めることもできる

 

といった点についてご説明していきます。

自分の車両を持ち込んで働くことが可能

配送の仕事の委託先に自分の軽貨物車両を持ち込んで働くことが可能です。

委託先の社員には車を会社が準備するということもありますが、委託先のドライバーに対して軽貨物車両を用意してくれるというところは少ないでしょう。

自分で軽貨物車両を準備したり、委託先から軽貨物車両をリースしたりするほかありません。

ですが、一昔前に軽貨物ドライバーを狙った内職商法などもあったため、自分の軽貨物車両を持ち込めない委託先はリスクがある可能性も考えなければなりません。

上記のことから、自分の軽貨物車両を持ち込んで働いていくということが軽貨物ドライバーの働き方として一般的になっています。

軽貨物ドライバーの仕事をしていく上では、自分の軽貨物車両を持っているということが最大の強みになるでしょう。

委託先がなくてもアプリで仕事を始めることもできる

もしもうまく配送の仕事の委託先から委託されなくても、自分の軽貨物車両を持っていれば、アプリから配送の仕事を請け負い、業務を進めていくこともできるようになってきました。

今後も自分でアプリ経由で配送の仕事を請け負うスタイルの軽貨物ドライバーの働き方も進んでいくことが予想されます。

自分の軽貨物車両を持っていれば、後々委託先から請け負うスタイルで働く際にも、アプリ経由の仕事の実績をアピールしていくことも可能です。

今や、自分の軽貨物車両を所有して働くというスタイルが軽貨物ドライバーにとって重要なことになってきていることは頭の中に入れておきましょう。

軽貨物ドライバーが車を持ち込み働くメリット

軽貨物ドライバーが車を持ち込んで働いていくことにはどのようなメリットがあるのかについてご紹介していきましょう。

軽貨物ドライバーが車を持ち込んで働くことには、以下のようなメリットがあると言われています。

  • 委託契約で働くことが可能
  • 車種の選択もできる点
  • 車内を自分好みにカスタマイズ
  • 社員よりも高額な報酬が得られることもある点
  • 退路を経って仕事に挑める点

上記のそれぞれの事柄について詳しくご紹介していきましょう。

委託契約で働くことができる

自分の軽貨物車両を持ち込むことで、委託契約して荷物の配送の案件を回してもらえるという働き方ができるようになります。

荷物1つあたりの単価や1日いくらといったさまざまな契約内容で働くことができることも多く、交渉次第では自分の働きやすい働き方で働くことができるでしょう。

委託先の信頼を勝ち取っていけば、良案件の単発配送なども依頼されることもあり、より一層収入を増やしていくことも可能です。

車種の選択が可能

自分で車両を持ち込むということは車種を自分で選択できるということができるということです。

委託先から貸し出されたり、社員として働いた場合に貸し出されたりするとき、自分の好きな車種や運転しやすい車種などではない可能性もあります。

自分の乗りやすい軽貨物車両で働けることが精神的にも満足しながら働ける要素なのは自明でしょう。

車内を自分好みにカスタマイズできる

車内を自分の好みにカスタマイズして使うことができます。

リースでは車内のカスタマイズに制限があるため、自分の運転しやすい環境をつくることは難しいでしょう。

もちろん、常識の範囲内でのカスタマイズになりますが、自分が過ごしやすい車内の環境を作って働けるということは、気持ちの面でリラックスして働けます。

気楽に働いていく方が、仕事を楽しめるのではないでしょうか。

社員よりも高額な報酬が得られることも

委託先から車をリースした場合や社員として働いて車両を借りた場合には、会社が車にかかる経費やメンテナンス代、車検代などを負担しないといけません。

委託先も自分たちの金銭的な負担を減らすために、軽貨物車両を持ち込んでくる軽貨物ドライバーはありがたい存在でもあります。

車両にかかる経費やメンテナンス代、車検代を減らすことができ、低予算で経営していくことができるというメリットも。

車両を持ち込んでくれた軽貨物ドライバーへの報酬がリースの場合や社員の場合と比べて、経費やメンテナンス代、車検代を節約できた分、増やしてもらえることも多いです。

同じように働くのならば、少しでも報酬が多い方が良いでしょう。

委託先にとっても軽貨物ドライバーにとっても、軽貨物車両を持ち込んで働くことがメリットになります。

退路を経って仕事に打ち込める

軽貨物車両も新車で購入するとかなりの出費になるでしょう。

かなりの出費をして車両を購入したことで、軽貨物ドライバーの仕事を成功させなくてはという意欲も増してくるのではないでしょうか。

退路を経って決意をして働いていくのも重要です。

ガンガン配送の仕事をこなしていき、車両分の利益を稼いでいきましょう!

軽貨物ドライバーが車を持ち込み働くデメリット

メリットもあれば、デメリットもあります。

今回は、軽貨物ドライバーが車両を持ち込み働くことのデメリットについてご紹介していきましょう。

  • 車両購入費用が開業資金として必要になる点
  • 持ち込めない車両もあること
  • 車両の維持費や車検代金は自分で払うことになる点
  • 業務内容を確認して車両を購入すること

上記の点をデメリットとしてしっかりと把握しておきましょう。

それぞれのデメリットについてご紹介していきます。

開業資金として車両購入費用を確保しなければならない

開業資金として車両購入費を確保しなければなりません。

開業資金がかさんでしまうと負担も大きくなってしまうため、事業のスタートに影響がでてしまうでしょう。

計画的に開業資金を貯蓄しておかなければなりません。

持ち込めない車両もある

委託先の都合により、持ち込めない車両もあります。

持ち込みできる車両に指定の車種があることもあるため、事前にしっかりと確認しておかなければならないでしょう。

車両の維持費や車検代金は自分で払うことに

軽貨物を持ち込むということは自分で維持しなければなりませんし、車検代なども負担しなければなりません。

軽貨物車両を保持するための資金もしっかりと確保しながら、軽貨物ドライバーの仕事を進めていきましょう。

業務内容に合った車両でないといけない

委託先の業務にあった車両でないと仕事を請け負うことはできません。

例えば、クール便を中心に取り扱っている委託先であるのに、クール便に対応できない軽貨物車両を持ち込んでも仕事を請け負うことはできないでしょう。

事前にしっかりと委託先に業務内容を聞いてから仕事を受けるかどうか考えていかなければなりません。

気をつけましょう。

まとめ:「自分の車を持ち込みガンガン稼げる軽貨物ドライバーの仕事を始めましょう!」

車を持ち込み軽貨物ドライバーの仕事を始めることについて、メリットやデメリットも含めてご紹介していきました。

自分の軽貨物車両を持っていることで仕事の委託をされるだけでなく、アプリなどを使って仕事を請け負うこともできます。

仕事の幅を広げられるだけでなく、収入を増やしていくことも可能です。

自分の軽貨物車両を持ち込んでどんどん仕事を請け負い、稼いでいける軽貨物ドライバーになりましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる