軽貨物運送は女性でも働ける?今軽貨物ドライバーの世界では女性の力が求められている

軽貨物ドライバーは男性の仕事!と思う方もまだまだ少なくないでしょう。

ですが、今、軽貨物ドライバー業界では女性の軽貨物ドライバーの需要が高まっています。

なぜ女性軽貨物ドライバーの需要が高まっているのでしょうか。

業界の今の問題点や今後の広がりなども踏まえ、女性軽貨物ドライバーの現実について詳しくご紹介していきましょう。

目次

軽貨物ドライバーの仕事でも女性の需要が高まっている

軽貨物ドライバーの仕事に就職を考える女性が非常に増えてきているのはご存知でしょうか。

一昔前までは、配送業というと力仕事も多く男性の仕事というイメージがありましたが、近年では様々な理由で女性の手を借りたいというのが業界全体の思いになってきています。

  • 運送業界全体の人手不足
  • 女性の軽貨物ドライバーに依頼したい荷主からの需要
  • 性別による職業選択がなくなってきている世の中の流れ

といった観点から、業界全体で女性の軽貨物ドライバーが求められています。

それぞれの観点について詳しくご紹介していきましょう。

運送業界全体の人手不足

通信販売が隆盛をきわめている今、荷物の依頼量が劇的に増えています。

一方で、配送業界に入ってくる人材が年々減少しており、荷物の量と人でとが釣り合っていない状況が長く続いているのが現状です。

配送業に興味があり、働きたいというやる気のある方がいれば、男性女性の区別なく採用して配送を担ってほしいと考える事業者も多くいます。

女性の活躍によって、業界全体の人手不足解消につながると考える方も少なくありません。

女性の軽貨物ドライバーに依頼したい荷主からの需要

通信販売の隆盛により、配送される荷物の内容も複雑多岐になっています。その中でも特に、花や宝飾品、お弁当といったものの配送の現場で女性軽貨物ドライバーを求める声が多くなっているのはあまり知られていません。

花や宝飾品、お弁当に共通していることは、扱い方に慣れていて、かつ繊細な配送が求められる品だということです。花や宝飾品、お弁当は普段から扱い方に慣れていないとなかなか適切に配送していくことができません。

さらに、配送手段が雑だと商品としての価値も失ってしまうため、他の軽貨物以上に繊細な取り扱いが求められています。

また、花や宝飾品、お弁当を運んでいく先には、女性の職員の方も多いです。そのため、女性同士の方が身だしなみやコミュニケーション、配送先のイメージを損なうことなく自然な雰囲気で配送していくことが配送先に求められるようになってきました。

例えば、宝飾品を扱うお店で、店員が客対応をしている際に、男性と女性、どちらの軽貨物ドライバーに来てもらう方が、客の立場でみてイメージが良いか考えてみるとよいでしょう。女性が宝飾品を配送してきてくれる方が自然に見え、お店の雰囲気を壊すことがないのではないでしょうか。

以上のような例もあるように、女性の軽貨物ドライバーに配送を頼みたいという需要が高まってきています。

性別による職業選択がなくなってきている世の中の流れ

一昔前は、様々な業種で、この仕事は男性の仕事、この仕事は女性の仕事といったような性別によって職業のイメージが決められていることも多かったです。

ですが、世の中全体の人手不足や女性の社会進出が進み、性別によって仕事が分けられるということがなくなってきています。

軽貨物ドライバーの世界にもその世の中の流れがやってくるのは自然な流れでしょう。

軽貨物ドライバーになってガンガン稼いでいきたいと考える女性も多くなってきており、軽貨物ドライバーを職業選択の一つにし始めてきているというのが現状です。

今後も軽貨物ドライバーになりたいと考える女性は増えていくのではないでしょうか。

女性の軽貨物ドライバーに求められていることとは

今後も増加していくと考えられている女性の軽貨物ドライバーですが、無条件で採用されるほど甘い業界ではありません。

では、どのような女性が軽貨物ドライバーとして求められているのでしょうか。女性の軽貨物ドライバーに求められる自由や能力についてご紹介していきましょう。

清潔な身だしなみ

男性の軽貨物ドライバーと比べて女性の軽貨物ドライバーには清潔な身だしなみが求められることが多いです。女性の方が一般的に清潔な身だしなみに細心の注意を払っているでしょう。

荷物の配送先の希望やクレーム防止のために、清潔な身だしなみの女性軽貨物ドライバーに配送をお願いしたいということも多くなってきています。

ですので、身なりをきちんと整えられる女性の軽貨物ドライバーが求められています

軽貨物ドライバーの服装事情については以下の記事で解説しています。

制服と私服どっちが良い?軽貨物ドライバーの服装事情について

細やかな荷物への配慮

先ほどもご紹介した通り、配送する荷物にも繊細な取扱いを求められる品が多くなっています。特に花や宝飾品、お弁当は男性よりも女性の方が触れ合う機会も多く、扱いに慣れている方も多いでしょう。

配送される品の種類が増えることで、今後上記のように女性の方が取り扱いに長けている品が増えてくることも予想されます。

様々な配送物に対応し、商売のチャンスを増やしたいという雇う側の立場からも女性軽貨物ドライバーの採用が進んでいるのが現状です。

配達先とのコミュニケーション能力

男性と比べて女性の方がコミュニケーション力に長けていると言われています。

配送される荷物の種類や配送方法が多岐に渡っている軽貨物配送の現場では、コミュニケーションを多く取らなければならない案件も増えているのが現状です。

女性のコミュニケーション能力の高さを活用して、そういった現場への配送にも事業を広げていきたいという配送業社が増えてきています。

女性である安心感

先ほども少しご紹介しましたが、配送先に女性が多い場合、女性の軽貨物ドライバーが来てくれるという安心感が相手に喜ばれる場合が出始めてきています。メルカリなどのフリマアプリなどで洋服を購入する情勢も増加傾向です。

個人同士の荷物の配送依頼も非常に多くなってきており、男性軽貨物ドライバーが一人暮らしの女性の家に運んでくるよりも女性の軽貨物ドライバーが運んできて欲しいという需要も増加しています。

また、配送先や取引先が多岐に広がっていっているという業界全体の成長も、女性の軽貨物ドライバーが必要になってきている背景でもあるのではないでしょうか。

こんな女性は軽貨物ドライバーに向いていない!

女性の需要が高まっている軽貨物ドライバー業界ですが、誰でも採用するというわけではありません。

良い悪いは別として、軽貨物ドライバーには不向きな女性のタイプがどうしてもいるのが現実です。

どんな女性が軽貨物ドライバーには向いていないのかもご説明していきましょう。

社会人としての当たり前のことができない人

男女の区別なく、社会人として当たり前のことができない軽貨物ドライバーは求められていません。

例えば、挨拶ができなかったり、寝坊や遅刻が多かったり、配送時間にルーズだったり、身だしなみが不適切だったり、虚偽やいい加減な勤務ばかりしたりするといったことは、どんな仕事でも求められていないでしょう。

軽貨物ドライバーである以前に、社会人として不適切な行動しかできない人は求められていません。気をつけてください。

荷物への細やかな配慮ができない人

荷物の取り扱いが雑な軽貨物ドライバーは性別に関わらず求められていません。配送先から一番多いクレームが配送された荷物の状態に関することです。

荷物への細やかな配慮ができない人は軽貨物ドライバーに向いていないでしょう。仕事中だけでなく、普段の生活でも物の取り扱いを丁寧にするなどして、様々な物の扱い方に気をつけていくことが良い練習になるのではないでしょうか。

著しく体力のない人

他の仕事と比べて、軽貨物ドライバーの仕事は体力勝負な部分がどうしてもあります。

荷物1つ1つの重さは大したことはありませんが、車から降りて運んだり、荷物を積んだり下ろしたりが重なるの体力があることは絶対条件です。

体力に自信がない人は長く軽貨物ドライバーの仕事を続けていくのが難しいので、まずは体力を強化してから軽貨物ドライバーの世界を目指しても遅くないでしょう。

まとめ:「女性も大歓迎!軽貨物ドライバー業界も検討してみてください!」

軽貨物ドライバーの世界で女性がなぜ今求められているのかについてご紹介していきました。

人手不足や配送される荷物の種類の広がり、女性の社会進出が進み職業選択が広がってきているといった世の中の流れもあるでしょう。

ですが、女性の力が軽貨物ドライバーの世界に新たな需要を生み出し、活かされて業界全体の多様性や可能性が広がっているということも事実です。

確かに体力勝負な面や、まだまだ男性も多く必ずしも快適な労働環境とは言えないかもしれません。

ですが、確実に業界内での女性軽貨物ドライバーの評価は上がってきていますし、これからもより一層評価が上がっていくでしょう。

女性にとっての成長産業が軽貨物ドライバーだと捉えて人材が飽和状態になる前に新規参入していくというのも良いのではないでしょうか。

[clink url=”https://keikamotsu-driver.jp/keikamotsu-driver-job-description/”]

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる