軽貨物ドライバーで稼げる人、稼げない人の違いとは

配送単価が150円以上。これを100件こなすだけで日給が1万5千円と稼げます。

 

しかし、業務委託の軽貨物ドライバーは稼げない人もいます。その違いとはどこでしょうか。

 

今回は、軽貨物ドライバーの仕事内容や収入の例などを紹介します。

 

軽貨物ドライバー給料相場

正社員の軽貨物ドライバーは基本的に固定給です。固定給だからといって作業が遅い人は会社から注意が来ます。

 

正社員で契約されているため、ノルマのような仕組みがあることもあります。

 

個建ての現場で働く、軽貨物ドライバーは給料が決まっていません。

 

1日のノルマがないため、給料も配達したぶんだけです。高収入を出せる人では、月収で50万円以上の方もいます。

 

正社員契約ではクロネコヤマト、佐川急便、赤帽など、会社によって給料が決まってくるのです。

 

業務委託ドライバーでも会社によって、1個あたりの配送単価が違います。配送単価は1個あたり100円から220円前後です。

 

しかし一個あたりの配送単価が10円違うだけで、100個で日給1,000円もの違いが出てくるのです。

 

稼げる会社と稼げない会社があることがわかります。

 

軽貨物ドライバーで稼げる人

・まず何よりもやる気がある
・個人作業でもがんばれる
・他の人より努力家
・トラブルがあってもへこたれない

 

軽貨物ドライバーは女性でも稼げる仕事です。稼げないのは自分の仕事内容に問題があるかもしれません。

 

正社員やアルバイトとは違って、業務委託の軽貨物ドライバーは自分の働きぶりで高収入を得るチャンスなのです。

 

正社員のドライバーで稼げないという人が、業務委託ドライバーになるという例もあります。

 

一人で頑張れる

 

軽貨物ドライバーは基本個人作業です。配達補助や先輩もいません。道に迷ったり、わからないことがあったとしても自分で解決しないといけません。

 

特に業務委託ドライバーは能力給と言ってもいいため、向上心がある人ではないと稼ぎにくいです。

 

交通渋滞にはまったり、駐車できないような場所に止めて怒られたりしても我慢です。

 

軽自動車だからといってもどこでもスイスイと走れないこともあります。

 

本気で稼ぐためには一人だけの力で稼ぐというマインドが大切。

 

業務委託ドライバーはやる気と継続性で収入が増えていくのです。アルバイトや正社員では時給や月給制度のため、やる気度が違います。

 

正社員契約だと会社から指導や研修もあります。業務委託ドライバーにも研修があるところもありますが、基本は自分の働きぶりなのです。

 

努力で稼げる

 

軽貨物ドライバーは正社員やバイトだと収入の保証があります。あまり配達個数が増えてこない人でも、固定給がもらえるわけです。

 

業務委託ドライバーはそうは言ってられません。配達個数が増えないと収入が少ない。

 

だから努力しないと稼げないのです。やりがいがあるので、軽貨物ドライバーで稼ぐ人は努力してます。

 

稼げる人は下調べをしたり、能率が上がるように工夫しています。他にも稼ぐためにダッシュしたり、時間の合間をぬって地図や周辺状況を確認します。

 

正社員の軽貨物ドライバーでも働きぶりが評価されて稼げることもあります。

 

業務委託ドライバーはもともと配達個数と配送単価が全てです。

 

だから本当に稼げる人は長時間労働してもいいくらい働きます。

 

再配達トラブルにもめげない

 

軽貨物ドライバーで稼ぐ人は精神的にタフです。個人宅の配送では、必ず再配達や時間指定の配達があります。

 

時間指定でもお客様がいなかったり、携帯電話に連絡しても出ないこともあります。

 

そんなトラブルがあったとしても、稼ぐ人だとポジティブです。

 

再配達があったとしても、ルートを工夫したり、地図やナビを活用して能率を上げてきます。

 

それでも配達でのトラブルは出るわけです。1件の再配達で時間が遅れます。

 

ベテランの人だと時間の使い方が良くて効率的です。夜遅くならないように、工夫して配送順を決めていたりします。

 

交通渋滞が出やすい時間帯の大通りは避けるなど。本当に稼げる人は、トラブル解決能力が高いです。

 

未経験だと道路事情がわからずに能率が上がりません。

 

1日に100個配送が目標と思っていたら、実際には50個しか配送できなかった。といったことはよくある話ではないでしょうか?

 

軽貨物ドライバーで稼げる人になるためには、経験と実績が必要なのです。

 

軽貨物ドライバーで稼げない人

・マイペースな性格
・マインドや精神的な弱さがある
・労働時間が短すぎる
・効率化を考えていない

軽自動車では取り回しが楽なので、初心者からでもできそうな印象があります。実際には狭い道路を通るのも難しかったり、切り返しが難しい道路もあったりと困難があるのです。

 

特に業務委託ドライバーは効率が悪いと稼ぎにくいものです。会社員では少しのミスは許されても、委託ドライバーでは自分の責任としてかえってきます。

 

マイペースすぎて作業が遅い

 

軽貨物ドライバーで稼げない人は何をするにものんびりしてます。1件の配送が終わって一息ついていると個数を増やせません。

 

自動車運転の疲れ、階段や道を歩いてきた疲れ。休んでいると稼ぎにくいものです。

 

佐川急便がダッシュというのは有名な話。稼げない人はマイペースな時間配分をしています。

 

そもそも全体のコース選択や、1日の配送ルートなどを決めないといけません。どの町からどの町へとルートを通っていくのか。

 

稼げない人は無計画なので何度も同じ道を通ります。無駄が多くて非効率的です。

 

軽貨物車は狭い道でも走りやすいので、トラックよりも取り回しがいいです。だから大都市や狭い路地でも走りやすいので、効率が良いはずなのです。

 

軽貨物ドライバーで稼ぎたければ、まずはどんな配送ルートを通るのか確認しましょう。

 

精神的に弱い

 

迷惑なお客さんがいたり、あおられたりしてムカムカしたりしませんか。軽貨物ドライバーは個人作業ですが、配送先の人とは頻繁に会います。

 

個人宅の配送では、不在が多いとイライラがつのってきます。会社への配送では、担当者が出なくて待たされてしまうこともあります。

 

そんなときに冷静に判断できないと稼ぎにくいものです。これが稼げる人になると、自己管理ができるので余裕の精神状態です。

 

渋滞に巻き込まれたとしても、抜け道を探したりその後のスケジュールを管理します。雨が降ったり、雪が降ったりと天候も不安定でも動じません。

 

個人作業だからマイペースで気楽ですが、一人で努力できるタイプの人ではないと稼ぎにくいのです。誰かから叱咤激励してもらわないといけない人は要注意です。

 

業務委託ドライバーで月収で30万円以上稼ぐなら、稼いでいきたいというマインドが大切です。反対に稼げなくて辞める人は、中途半端な気持ちで始めてます。

 

自分に向いている仕事なのか。将来この仕事を続けていくのか。業務委託ドライバーで稼げない人はまずは志望動機や将来設計などを考えてみましょう。

 

労働時間が短かくて稼げない

 

正社員だと労働時間は固定で給料も固定です。業務委託ドライバーになると労働時間が収入に直結してきます。

 

労働時間が短すぎると収入が増えてこないのです。業務委託ドライバーで稼ぐには時間と配送個数を増やす事が大事です。

 

副業で土日だけというワークスタイルもいいですが、配送個数を増やせるような時間の使い方をしましょう。

 

どれだけ効率化しても、大きく稼ぐためには労働時間を増やすことです。1日に4時間だったものを6時間、8時間と増やす。

 

正社員でも残業代が出るとは限らないものです。業務委託ドライバーはもともと時給ではないので残業代は出ません。

 

時間を有効活用できる人が稼げて、短時間しか配送しない人が稼げないのです。軽貨物ドライバーでも、相手の会社次第で収入は変わります。

 

時間換算していくらぐらいの違いが出るのかもチェックポイントなのです。

 

軽貨物ドライバーのどこがきついか?

・長時間の運転
・徒歩での移動
・階段や坂道のきつさ
・軽自動車なのでスピードが遅い
・ゆっくりできないところ

軽貨物ドライバーは大型トラックとは違うので車速が遅くてあおられることもあります。きついのは運転の事情です。

 

道路事情に詳しくないと、一方通行や右折禁止などで困ることもあるのです。1日にフルタイムで8時間以上働くと、お尻が痛かったり予想よりも疲労感が出てきます。

 

軽貨物ドライバーは荷物自体は軽いのですが、作業量が多いほど疲れるのです。もちろんマンションなどで階段を登るのがきついこともあります。

 

エレベーターがない集合住宅では、上り下りで時間も体力も使ってしまいます。何より時間がかかることが大変です。

 

しかしきついぶんだけ稼げるのがメリット。正社員よりも業務委託ドライバーは、きつくても収入が増えるチャンスです。

 

まとめ

軽貨物ドライバーは需要が多いので求人はたくさんあります。その中で、業務委託ドライバーは個人事業主(フリーランス)として働ける新しい業務形態です。

 

稼げる人では月収で50〜80万円も可能。稼げない人は月収で10万円以下という例もあります。

 

慣れてくると収入の平均は上がってきます。最初はきついという評判ですが、ベテランになるほど大きく稼ぐチャンスがあるのです。

 

副業からアルバイト、個人事業主として働きたい人などにおすすめです。業務委託ドライバーになると一個あたりの単価で大きな違いが出ます。

 

委託元の会社によって、収入が変わるのです。

軽貨物ドライバーJP
軽貨物ドライバーJPは東京都を中心に埼玉、千葉、神奈川県全域で軽貨物運送事業、軽貨物運送オウンドメディアを運営しております。豊富な案件を取り扱っており、現在も老若男女問わず、多くのパートナードライバーさんが活躍してくれています。弊社は共に働くパートナーさんを第一に考える会社です。また随時、パートナードライバーさんを募集しています。気になることやご相談も小さなことでも構いません。まずはお気軽にお問い合わせください。軽貨物ドライバーJPの求人ページはこちら

関連記事一覧