志望動機の考え方もご紹介!軽貨物ドライバーになるための履歴書の書き方と面接のコツとは

近年の副業解禁や配送業の働き方の多様性に伴い、軽貨物配送ドライバーの仕事を考える方や目指す方が多くなってきています。

ですが、実際に履歴書や面接でどのようなことに気をつけていけば良いか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

とくに、志望動機はなかなかうまくまとめて伝えていくことが難しいでしょう。

そういった方のために、今回は以下のポイントに言及しながら、軽貨物配送ドライバー職になるべく、志望動機の考え方や履歴書や面接のコツを中心にご紹介していきます。

  • 軽貨物配送ドライバーになるために知っておきたいこと
  • 軽貨物配送ドライバーの志望動機のコツとは
  • 軽貨物配送ドライバーの履歴書を書く際のコツとは
  • 軽貨物配送ドライバーになるための面接突破のコツとは

上記のポイントを参考にして、稼げる軽貨物配送ドライバーになりましょう!

軽貨物配送ドライバーになるために知っておきたいこと

軽貨物ドライバー職の履歴書や面接を受ける前に、以下のことについてまとめたり調べたりしておきましょう。

  • 軽貨物配送ドライバーの仕事
  • 自分のどういうところが軽貨物配送ドライバーに向いているのか書き出す
  • 自分の経験を踏まえて志望動機を書いたり話したりできるようにまとめる
  • 軽貨物配送ドライバーの仕事に対してポジティブな面を調べておく

上記の項目について、詳しく説明しておきましょう。

面接・履歴書突破のために軽貨物配送ドライバーの仕事を理解しておこう

軽貨物配送ドライバーの仕事はどんな仕事なのかを具体的に調べておきましょう。

業務内容や平均的な収入、どんな問題点があるのかなど、思いつく限りの視点で、軽貨物配送ドライバーの仕事について調べておくことで業界への理解が深まります。

自分のどういうところが軽貨物配送ドライバーに向いているのか

自分のどういうところが具体的に軽貨物配送ドライバーの仕事に向いているのか、箇条書きで良いのでいくつも書き出していきましょう。

書き出していったことが、あなたのアピールポイントになります。

アピールポイントを元にして、履歴書や面接に挑むと相手にもあなたのことが分かりやすく伝わるでしょう。

自分の経験を踏まえて書いたり話したりできるようにしよう

自分のアピールポイントを書き出したら、アピールポイントを補強できる具体的な経験も書き出していきましょう。

アピールポイントを言うだけでは不十分です。

どのような経験をして、自分の強みに気づき、それがどのような形で軽貨物配送ドライバーの仕事に向いているのかを具体的に語れるようになることが最終的な目標になります。

軽貨物配送ドライバーに対してポジティブな言い方や表現を使おう

仕事を探す際には、仕事のマイナス面やネガティブな面に目がいってしまうことが多いです。

ですが、履歴書や面接の際には軽貨物配送ドライバー職のマイナス面やネガティブな面には触れてはなりません。

マイナス面やネガティブな面を調べすぎて不安になっている様子は態度にも出てしまいますので、注意が必要です。

軽貨物配送ドライバーの志望動機のコツとは

ここからは具体的な志望動機の見つけ方や伝え方のコツについてご説明していきましょう。

以下の3項目を中心に考えていくと、志望動機がより具体的に語れるようになります。

  • 自分の価値観と軽貨物配送ドライバーの仕事の価値観を重ねる
  • 面接官の立場になってききたいことを考える
  • 社会人として当たり前の能力は志望動機にならない

上記の項目について、詳しくご紹介していきましょう。

自分の価値観と軽貨物ドライバーの仕事の価値観を重ねる

自分の人生の中の価値観や生き方と軽貨物配送ドライバーの仕事観や価値観に共通点を見つけていきましょう。

この共通点こそ、本当の志望動機のはずです。

あなたの中の深い部分と仕事を結びつける重要な部分になるので、箇条書きで書き出していって共通点がある部分を見つけていきましょう。

一番重要な作業です!

面接官の立場になってききたいことを考える

面接官の方に話をきくと、「こちらがききたいことから外れたことを話す人が多い」と言われることが多いです。

自分が面接官の立場になったらどんなことを質問したいのか、なぜそれを質問するのかを考えておくことで、より志望動機も相手が納得してくれるように伝えることができるでしょう。

社会人として当たり前の能力は志望動機にならない

「自分の努力次第でしっかりと稼いでいけるから軽貨物配送ドライバーを志望します」と言われる方が多くいます。

ですが、どんな仕事でも努力をするという能力は求められますし、稼ぐためには当たり前の能力です。

一生懸命努力して仕事をしていくというのは社会人として当たり前のこと。

当たり前のことは志望動機にならないので、気をつけましょう。

軽貨物配送ドライバーの履歴書を書く際のコツとは

具体的な軽貨物配送ドライバー職の履歴書の書き方のコツについてご紹介していきましょう。

以下のポイントを意識して履歴書を書いてください。

  • びっしり書かない!見やすさ重視で!
  • 面接官との会話のきっかけになるかどうか
  • 箇条書きも利用して簡潔に書くこと
  • 事故などによる罰則の過去は書く必要ある?ない?
  • 物流に関しての仕事経験があれば必ず書こう

それぞれのポイントについて詳しくご説明していきましょう。

びっしり書かない!見やすさ重視で!

履歴書にびっしりと小さな字でアピールポイントをたくさん記入する方が多いです。

履歴書でいろんなことをアピールしたいと言う気持ちはわかります。

ですが、履歴書を見る方としてはびっしり書かれていたり、小さな字で書かれていたりすると読みづらく、印象が悪いです。

アピールポイントや書きたいことをまとめて簡潔に書いていきましょう。

面接官との会話のきっかけになるかどうか

履歴書を見ながら面接していくというパターンがほとんどです。

履歴書に記載したことをきっかけにして面接が行われますので、面接官との会話のきっかけになるような餌を随所に散りばめて書いていくことが有効になります。

職歴だったり、趣味だったり、資格だったり。

他の方ではなくあなたにしかないポイントも会話のきっかけになります。

箇条書きも利用して簡潔に書くこと

履歴書は文章にしないといけないと思っている方も多いです。

ですが、文章だと読みづらくなってしまうことも。

箇条書きを利用して簡潔にできるのならば、その方が何倍もイメージが良いでしょう。

事故などによる罰則の過去は書く必要ある?ない?

過去の交通違反の記録など記入するかどうか悩む方が多いです。

正直に書くか書かないかは、あなた自身の人間性の部分でしょう。

書いた方が自分らしいと思えば書くべきですし、書かないで生まれ変わった気持ちで頑張りたいと思ったら書かない方が良いです。

求人の注意欄に必ず違反などは書くようにとある場合には正直に書いていくようにしてください。

物流に関しての仕事経験があれば必ず書こう

配送業に関わらず、物流関係の仕事をしていた経験があるのならば、必ず書いていきましょう。

アルバイトとしての経験でも構いません。

物流関係で働いていたということを話のきっかけに、面接が進んでいくことも多いです。

軽貨物配送ドライバーになるための面接突破のコツとは

いよいよ面接というときに、どのような点を意識したり気をつけたりしていけば良いか具体的に説明していきましょう。

以下の項目をポイントとしてあげました。

  • 時間厳守!
  • 社会人として当たり前の身だしなみと言葉遣い
  • 結論から話す
  • 「わかりません」は言って良い!嘘やいい加減なことはNG

それぞれのポイントについて詳しく説明していきましょう。

時間厳守!

軽貨物配送ドライバーの仕事は時間厳守です。

遅刻はもってのほかですので、気をつけてください。

社会人として当たり前の身だしなみと言葉遣い

清潔な身だしなみをして面接にいきましょう。

男性は寝癖を直し、髭を剃り、スーツで行くようにしてください。

女性はメイクが派手になりすぎないように、でも明るい雰囲気に見られように整えておくと好印象です。

言葉遣いも気をつけましょう。

敬語が使えるかどうかは基本的な社会人としてのマナーです。

普段の話し方が出ないように気をつけてください。

[clink url=”https://keikamotsu-driver.jp/%e2%80%8bclothing-conditions-of-keikamotsu-drivers/”]

結論から話す

面接中に長々と話し、何が伝えたいのか分からない人が多く見受けられます。

伝えたいことや結論は最初に言うこと。

その伝えたいことや結論にいきついた理由をその後に話す方が、内容が整理されて相手に伝わりやすくなるので、意識してみましょう。

「わかりません」は言って良い!嘘やいい加減なことはNG

こちらが分からないことを質問してくる面接官もいます。

その場合には知ったかぶらずに、分からないですと伝える方が誠実さは伝わるのでおすすめです。

また、嘘やいい加減な知識を話すことはやめましょう。

面接官は軽貨物配送ドライバーの業界で何十年も生きてきた人です。

嘘やいい加減な知識はすぐバレますし、非常に印象が悪くなってしまうでしょう。

まとめ:「志望動機の考え方や履歴書・面接のコツを参考にして軽貨物配送ドライバーになろう!」

軽貨物配送ドライバーになるためには、志望動機をしっかりと練り、履歴書を書いていくことがはじめの一歩です。

書いた履歴書を元にして、面接官はあなたの人物像をイメージし、軽貨物配送ドライバーとして働いているところもイメージします。

さらに、履歴書を見ながら面接が進んでいくでしょう。

履歴書はあくまでもあなたが面接官に会ってもらうための道具です。

履歴書だけで言えなかった話や思いを面接でしっかり伝えられるようにしておいてください。

そのためにも、志望動機を考える際に、あなたの価値観や仕事感と軽貨物配送ドライバーの仕事感がどのように重なるのか、自己分析を怠らないようにすることが大切です。

今回の記事を参考にして、履歴書審査や面接を突破してどんどん稼いでいける軽貨物ドライバーになりましょう。

[clink url=”https://keikamotsu-driver.jp/example-of-someone-who-can-and-cannot-earn-money/”]

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる