業務委託で働くのはつらい?軽貨物ドライバーの本音をきいてみた!

どんな仕事でもつらいと思うことはあると思います。業務委託で働いていく軽貨物ドライバーの仕事も、例にもれず、つらいと思うことがあるのが現実です。

実際、軽貨物ドライバーとして働いている方はどのようなことをつらいと感じて業務をしているのでしょうか。

また、逆に、どのような点が軽貨物ドライバーとして働くのは天職だと思える点のかについてもご紹介していきます。

業務委託で軽貨物ドライバーとして働く良さとつらいと感じることを両方確認した上で、軽貨物ドライバーとして働くかどうか決めていくことが現実的で良いでしょう。

業務委託で働く軽貨物ドライバーの仕事はつらい?

業務委託で働く軽貨物ドライバーの仕事がつらいという意見も、実際働いている人からあります。一方、軽貨物ドライバーの仕事が天職だという方もいるのも事実。

本当に業務委託で働く軽貨物ドライバーの仕事はつらいのかどうか、現場の意見も含めてご紹介していきましょう。

業務委託で働くのがつらいと思う瞬間

業務委託で働くのがつらいと思う瞬間はどういう時なのかについて、現場で働いている軽貨物ドライバーの方の意見を集めてみました。

実際に軽貨物ドライバーの仕事をしていく上で、業務委託で働くつらさにはどのようなことがあげられるのでしょうか。

現場の意見をみていきましょう!
体調不良の日の仕事

業務委託で働く場合、1日いくらという形の契約もありますが、配達した荷物1個あたりいくらという出来高制で働いている方も多くいます。体調不良の日でも、仕事をしなければ収入がないという状態になってしまうのがつらいところです。

もちろん、体調が悪い日は無理して車の運転をしても危険なので、休む方が良いですが、体調不良の日が続いてしまうと、その月の収入が大幅減ということもあり得ます。軽貨物ドライバーの仕事をしていく場合、体調管理に気をつけながら働いていきましょう。

何でも自分でやらなければならない

業務委託で働く場合でも、軽貨物ドライバーは個人事業主として仕事をしていくことになります。

個人事業主の場合、会社員と違って、自分一人で行わなければならない事務手続きがあるのはご存知でしょうか?

例えば、確定申告や国民健康保険の申請などは、自分で行なっていくことになります。税金や年金に関わってくる事柄ですので、しっかりと自分で手続きや仕組みを勉強しながら仕事をしていかなければならないでしょう。

そのほかにも、業務委託をする場合には相手と交渉したり話し合ったりするのは、すべて自分自身の責任で進めていくことになります。ですので、契約をすすめる際は、しっかりと書類を見て確認して署名・捺印していくようにしましょう。

委託先の事情で仕事がなくなることもある

業務委託を請けて仕事をしていくのが軽貨物ドライバーの仕事のスタイルですので、業務委託先の事情で契約が終了ということもあります。こちらに非があって業務委託終了ならば仕方ありませんが、相手の経営事情によっても業務委託終了ということもありますので、気をつけてください。

1社との業務委託ではなく、複数社と細い取引でも続けているという軽貨物ドライバーも多いです。業務委託が終了して仕事がないというリスクを踏まえて、リスク管理をしながら業務にあたることをおすすめします。

業務委託で働く軽貨物ドライバーが天職だと思う瞬間

業務委託で働く軽貨物ドライバーの仕事がつらいと思う瞬間をご紹介していきました。ここからは逆に、軽貨物ドライバーの仕事が天職だと思う瞬間について、現場の事情を踏まえてご紹介していきましょう。

成果主義の報酬形態

1日いくらという業務委託で働いている軽貨物ドライバーもいますが、1個いくらという歩合制で働いている軽貨物ドライバーも多いです。

歩合性ということは、働けば働くほど、売り上げが上がっていくということですので、稼ぎたい人にとってはこの上ない仕事の仕方だと言えるでしょう。

実際、稼ぎたいという人が軽貨物ドライバーには多いです。自分の努力がそのままお金という数値で見えるのは大変やりがいがあるのではないでしょうか。

人間関係の煩わしさが少ない

他の仕事と比べて、業務委託で働く軽貨物ドライバーは、人間関係が少ないです。煩わしくつらい人間関係や上下関係といったものがほとんどない点を軽貨物ドライバーの仕事の魅力にあげる人も多くいます。

人間関係というストレスをなくして、一人の時間が長い方が好きという方にとって軽貨物ドライバーの仕事は天職だと言えるでしょう。

自分のスタイルで自由に働ける点

業務委託の軽貨物ドライバーは、個人事業主になります。ですので、就業時間や休日の設定など、全て自分で決めなければなりません。自分の生活リズムや働き方のスタイルで仕事をしていくことができるといえるでしょう。

自分の趣味や生きがい、朝型・昼型・夜型など。自分自身のペースとスタイルで、働いていくことができます。この自己責任で自由な点を業務委託で働く軽貨物ドライバーの良さにあげる人も多いです。

業務委託で働く軽貨物ドライバーがつらい状況にならないためには

業務委託で働いていく場合、軽貨物ドライバーが気をつけなければいけないことについて、まとめていきます。自分自身が不利になったり、仕事が上手くいかなかったりする原因にもつながることですので、自分の仕事がつらい状況にならないためにも、気をつけて稼いでいきましょう。

契約書をよく読んで業務委託を請け負う

軽貨物ドライバーの仕事は個人事業主ですので、すべての責任は自分が負うことになります。契約書をよく読んでサインしなかったために起こるトラブルというのもあるのが現実です。

トラブルになった際には、自分で対処していかなければなりません。トラブルにあった時どうすればよいかよりも、トラブル未然に防いでいくという考えで仕事をしていく方が良いです。

契約書でのトラブルは裁判や違約金といった実害が多く出てしまうことも多いですので、しっかりと契約書を読んで納得して、サインしていくようにしていください。

働く目標を決める

人間、ただ闇雲に仕事をしていても、日々の仕事がつらいなと思ってしまうことも多くなってしまうのではないでしょうか?

自分で、軽貨物ドライバーの仕事での目標を決めて働いていくことで、つらいと感じることよりも、達成感を得ながら仕事していくことができるという現場の意見も多かったです。

「マイフォームを買いたい」

「1年に1回、海外旅行したい」

「欲しいスポーツカーを買いたい」

「自分で起業するための資金にしたい」

など、自分の働く目標をしっかりと決めて働いていくことで、業務委託で軽貨物ドライバーの仕事をしていくやりがいへとつながっていくでしょう。

日々の業務のノルマを自分にも課す

1日1日のノルマを、業務委託先からのノルマとは別に決めて働いていくということも軽貨物ドライバーの仕事をつらいと感じなくなるためには必要だという方も多かったです。

相手に言われたからこなしているという考えではなく、自分でも決めた目標もあるからがんばろうという考え方で業務委託の仕事をこなしていくほうがポジティブになれるという意見が多かったのが印象的でした。

新しい経路で配達したら効率はどうなのかや、配達地域の事情を5件覚えようとか、自分なりのその日の目標を設定することで、より軽貨物ドライバーとして成長していくことができます。

仕事のリズムを作りながらしっかりと休もう!

適当なスケジュールで委託業務の軽貨物ドライバーの仕事をしていると、働きに出るのがつらいと感じることが多かったという意見もありました。

自分で、毎日何時間働くのかや、何曜日の何時から何時まで働くのかといったスケジュールをしっかりと立てて働いていくことで、仕事のリズムができます。

自分の仕事のリズムができると、より効率的かつ上手く業務をこなしていけるでしょう。

軽貨物ドライバーの仕事は肉体労働ですので、休日もちゃんと取りながら仕事をしていくことで、肉体的につらいと感じることも減り、より効率的に業務をこなしていくことができます。

まとめ

業務委託で軽貨物ドライバーとして働いていく際につらいと感じることを中心にご説明していきました。軽貨物ドライバーは個人事業主として業務委託していく仕事のスタイルです。

自分の裁量でこなさなければならないことも多く、つらいと感じることも多いでしょう。ですが、天職だと思って働いている軽貨物ドライバーも多く、向き不向きはある仕事でもあります。

業務委託の軽貨物ドライバーになりたいと考えている方はつらい点ばかりではなく、良い点も見ながら判断していくと良いのではないでしょうか。

軽貨物ドライバーJP
軽貨物ドライバーJPは東京都を中心に埼玉、千葉、神奈川県全域で軽貨物運送事業、軽貨物運送オウンドメディアを運営しております。豊富な案件を取り扱っており、現在も老若男女問わず、多くのパートナードライバーさんが活躍してくれています。弊社は共に働くパートナーさんを第一に考える会社です。また随時、パートナードライバーさんを募集しています。気になることやご相談も小さなことでも構いません。まずはお気軽にお問い合わせください。軽貨物ドライバーJPの求人ページはこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。