軽バンはどのくらい持つ?軽貨物ドライバーの走行距離に関する問題と対応策を徹底解説

軽貨物ドライバーにとって走行距離は非常に重要な数字です。

ですが、あまり意識せずに普段の業務を行なっているという方も多いのではないでしょうか。

走行距離は車両のメンテナンスの時期や回数、車両の新車購入費用や任意保険料などにも影響してきます。

今回は、以下の事項について軽貨物ドライバーにとっての走行距離についてご説明していきましょう。

  • 軽貨物ドライバーにとって走行距離は何を意味するのか
  • 軽貨物ドライバーにとっての走行距離に関する問題と対応策

上記の点について詳しくみていきます。

軽貨物ドライバーにとって走行距離は何を意味するのか

仕事で車を使ってない人にとってはあまり気にしていない人も多い走行距離。

一般の方で年間の走行距離の平均は10,000km だと言われています。

一方、軽貨物ドライバーは一般の方のおよそ3倍から4倍の年間30,000 km から 40,000 kmほど。

軽貨物ドライバーのように車を仕事で使っている人にとっては、車の走行距離は非常に重要です。

なぜ走行距離が軽貨物ドライバーのようなドライバー職にとって重要なのでしょうか。

その理由には以下の点があげられます。

  • 車両のメンテナンスの時期の目安
  • 車両の買い替えの目安
  • 仕事用の中古車車両の購入基準
  • 任意保険料に関わる

上記の理由について、詳しくご紹介していきましょう。

車両のメンテナンスの時期の目安になる

[table id=6 /]

走行距離をチェックすることで、車のメンテナンス時期を計算することができます。

エンジンオイルですと、走行距離が4,000 km から5,000 km くらいで交換していくと良いです。

エンジンオイルを交換しないとエンジンが焼けつき、買い換えないといけなくなってしまいます。

買い替えよりもエンジンオイルの交換の方が安いですので、走行距離を目安にしてしっかりと交換していきましょう。

タイヤの場合ですと、走行距離が 40,000km くらいが交換時期とされています。

タイヤを交換しないと燃費も悪くなりますし、高速道路走行中にパンクしてしまうと命の危険にもつながるでしょう。

軽貨物ドライバーは一般の方よりも走行距離が長いですので、より一層交換時期は早まります。

走行時間も長いため、交換時期をすぎて運転してしまうと普通の方よりもリスクが増えてしまうでしょう。

軽貨物ドライバーにとって走行距離を目安にメンテナンスしていくことは非常に重要です。

車両の買い替えの目安になる

走行距離を元にして軽貨物車両の買い替えを考えていくことも多いです。

一般的に軽自動車の買い替え時期の目安は 100,000 km だと言われています。

ですので、軽貨物ドライバーの場合ですと、2年から3年半くらいで買い替えていかないともたないでしょう。

買い替え時期の目安以上に無理して乗ってしまうと、思わぬアクシデントによって業務に支障が出たり生命の危機につながったりしてしまうので気をつけてください。

走行距離をこまめに確認して、車両の買い替え時期を決めていきましょう。

仕事用の中古車車両の購入基準になる

開業資金を少なくするために、中古で配送用の軽貨物車両を購入したいという方もおおいでしょう。

中古で車両を購入する際には、外見や内装の様子、値段などを気にするだけでなく走行距離もしっかり確認してください。

走行距離が長い車両ですと買い替えの時期も近くなってしまうため、中古購入のメリットがない可能性があります。

逆に走行距離が短い車両の場合、購入を検討するに値しますので、購入する車両の候補にしてください。

走行距離を元にして仕事用の軽貨物車両の中古車購入を検討していきましょう。

任意保険料に関わる

走行距離によって、車の任意保険料が変わってきてしまうのはご存知でしょうか。

軽貨物ドライバーの方の中には、もしもの時に備えて、しっかりと任意保険に加入している人も多くいます。

任意保険料の負担で頭を悩ましている方もいるのではないでしょうか。

車の走行距離によって月々の任意保険料が変わってくる保険商品もありますので、任意保険加入の前に確認しておくようにしましょう。

軽貨物ドライバーの走行距離に関する問題と対応策

軽バン

軽貨物ドライバーにとって走行距離は重要な懸案事項です。

走行距離によってメンテナンス時期や車両購入、任意保険料など、様々な問題がでてきます。

走行距離に関わる問題への対策には以下のようなことがあげられるでしょう。

  • 年間平均走行距離が求人時にわかる配送会社を選ぶ
  • 中古車購入の際には走行距離に気を使うこと
  • エンジンオイルをこまめに交換して車両の寿命を伸ばす
  • レンタルやリースを利用して軽貨物車両を使う

年間平均走行距離が求人時にわかる配送会社を選ぶ

配送会社の求人欄には、年間の平均走行距離を掲示しているところもあります。

その数値を参考にして、求人している配送会社で働いた場合、どのくらいの時期にメンテナンスをしたり車両交換していけばいいのかなどシミュレーションしたりしていくこともできるでしょう。

メンテナンス代や車両購入といったお金は軽貨物ドライバーの仕事をしていく上で大きな負担になるので、事前に出費時期がわかれば対策も講じられます。

求人時に掲載されていなくても質問するなどして、配送会社で働いた際の年間平均走行距離を把握しておくようにしましょう。

中古車購入の際には走行距離に気を使うこと

中古で配送用の車両を購入する際には走行距離を気にして買うようにしましょう。

走行距離を1番の目安にするのも良いです。

乗りやすさなども重要ですが、車両の買い替えという出費も軽貨物ドライバーには重い出費になるので、走行距離には気をつけて中古車購入してください。

エンジンオイルをこまめに交換して車両の寿命を伸ばす

エンジンオイルをこまめに交換していくことで、エンジンの寿命を伸ばしたり車自体の寿命を伸ばしたりしていくことができます。

走行距離 4,000 m から 5,000 m ほどでエンジンオイルをしっかりと交換していきましょう。

エンジンオイルの点検だけでなく、車体全体の点検も整備士に依頼するなどして定期的に行うことも重要です。

整備士によるメンテナンスを受けることによって、150,000 km まで車両買い替えをせずに乗り回していくことも可能。

もちろん、定期的な整備費用と車両の購入額などを見積もってどちらが良いかをかんがえなければなりませんが、定期的なメンテナンスをしっかりとしておけば、買い替え時期の目安となる走行距離以上に車体を乗り回していくことができるでしょう。

しっかりとメンテナンスを施して、より長く安全に車体を仕事に使っていくようにするとよいのではないでしょうか。

レンタルやリースを利用して軽貨物車両を使う

配送会社から軽貨物車両をレンタルしたりリースしたりすることで、メンテナンスや車検だけでなく、車体の買い替えといったことをしなくても良い場合があります。

契約内容をちゃんと確認しなければなりませんが、うまくいけばメンテナンス代金や車体の買い替えを軽貨物ドライバー側が負担しなくてもよい場合も。

自分で費用を負担しないのですから、走行距離を気にする必要もなくなるでしょう。

走行距離を気にして仕事をしたくない場合や車両のメンテナンス費用・買い替え費用が気になる方はレンタルやリースで車両を確保して仕事をしていくという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ:「車両持ちの軽貨物ドライバーは走行距離をしっかりと意識して仕事をしていきましょう!」

軽貨物ドライバーのような車に乗っている時間が長いドライバー職にとって、走行距離は非常に重要な懸念事項です。

軽貨物車両の走行距離が車両のメンテナンス時期の目安になったり、車両の交換時期の目安になったり。

さらに、任意保険料に関しても走行距離が関わってくることも多いです。

特に自分の車両を購入して軽貨物ドライバーの仕事をしている場合には、軽貨物車両のメンテナンス費用や買い替え費用、任意保険費用というお金の話は頭を悩ませることなのではないでしょうか。

普段からこまめなメンテナンスをしていくことで、1番の出費となる車両購入の頻度を減らしていくことで相対的に収入アップさせていくこともできます。

普段の業務から走行距離を意識していくことで、より金銭的な負担を減らしていくこともできるではないでしょうか。

[clink url=”https://keikamotsu-driver.jp/grasp-the-maintenance-cost-of-the-car/”]

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる