軽貨物ドライバーが直面するトラブルとその対策について

どんな仕事でもトラブルは多かれ少なかれ起きてしまいます。軽貨物ドライバーの仕事も同じです。

自分でどれだけ気をつけていても避けられないトラブルもあるでしょう。

今回は、『軽貨物ドライバーの仕事をしていく上でどんなトラブルがあるのか?』『またトラブル時の対応やトラブルを軽減させていくために必要なこと』について、ご説明していきます。

目次

軽貨物ドライバーが直面するトラブルの種類

トラブルはないに越したことはありません。トラブルゼロを心がけて日々の配送業務をしていくことが軽貨物ドライバー の責任だとも言えます。

ですが、人間がすることにミスやトラブルが絶対に起こらないという保証はないでしょう。軽貨物ドライバーが直面するトラブルの種類についてご紹介していきます。

お客様とのトラブル

軽貨物ドライバーがお客様とトラブルになる原因は、しっかりとコミュニケーションを取らなかったことによるものがほとんどです。

電話対応も適当だったり、コールバックをしなかったり。荷物の破損を報告せずに持っていった場合。

指定の場所ではなく他の場所に荷物を置いて行ってしまったなど。数分間のコミュニケーションを怠ったが故に発生するトラブルでしょう。

荷物の破損や汚染といった物的トラブル

雑な扱いによって荷物が破損したり汚れてしまったりするのは論外ですが、荷物を丁寧に扱っていても、ミスで荷物の破損や汚れてしまうことも起こってしまう場合もあります。

物的トラブルは軽貨物ドライバーの仕事をしていると起こる場合があるので、最新の注意を払う必要があるでしょう。

配送ミスや配送遅延といった配送上のトラブル

配送ミスはあってはならないトラブルの一つです。配送遅延は交通状態や配送物の量によって避けられないトラブルでもあるでしょう。

ですが、配送ミスや配送遅延といったトラブルは荷物を待っている方にとって大きな問題になる場合もあります。

委託先との事務的な事柄でのトラブル

近年、Amazonからの配送の依頼が軽貨物ドライバーの仕事の比重として非常に重くなってきています。

Amazon独自の基準や配送システム・管理事項もあるため、事務的なミスによってトラブルとなってしまうこともあるのが実情です。

荷物の委託先との連絡や委託先の事務的なシステムを理解していなかったことで起こるトラブルもあることは、頭に入れておく必要があるでしょう。

ラブルに直面した時の軽貨物ドライバーができる対策について

ゆうき

軽貨物ドライバーの仕事を通して直面するトラブルについてご紹介していきました。

ここからは、実際にトラブルに遭った際、どのように対応していけば良いのかについてご紹介していきます。

トラブル対応はどうしても軽貨物ドライバーの仕事には避けて通れないことですので、しっかりとトラブル対応をマスターすることがより仕事ができるようになる秘訣です。

お客様とのトラブル時の対応について

お客様とのトラブル対応で必要なことは、しっかりとコミュニケーションを事前取っておくことがまず大事です。

その上で、トラブルが起こってしまった場合の対応という2段構えの対応を取れるようにしておきましょう。

ゆうき

トラブルが起こらないように事前にお客様への報告や連絡、相談をしっかりと行っておくべきです。

トラブルが起きてしまった場合も、密に連絡を取り、お客様の話を伺うという姿勢が重要。謝るときは謝らなければなりません。

常にお客様よりも先手先手で、誠実に対応していくようにしましょう。そして何よりも、しっかりと仕事をトラブルなく完了できるように配慮し続けていく姿勢も必要です。

荷物の破損や汚れといった物的トラブルの対応について

荷物の破損や汚れといった物的トラブルを回避するためには、できるだけ丁寧に荷物を扱うことが最重要です。

その上で、人為的ミスにより、荷物が破損してしまったり、汚れてしまったりすることはあるでしょう。

荷物の破損や汚れをしっかりとお客様に報告し、謝罪することが重要です。中身の保証などの対応や交換ができるときも、お客様の立場になって迅速に対応していくことが求められます。

いい加減な対応をせずに、ちゃんと対応していくことを心がけるべきです。

配送ミスや配送遅延といった配送上のトラブルの対応について

配送ミスや配送遅延といった配送上のトラブルを防止するためには、配送先の住所や連絡先をしっかりと確認することや、配送経路の交通情報を事前に調べておくことで回避することができます。

それでも配送ミスをしてしまった場合、間違った配送先に速やかに荷物を取りに戻り、正しい送り先に届けなければなりません。

交通混雑によって遅延する場合は届け先に遅延する旨をちゃんと伝える必要があります。どのくらい遅れそうなのかといった情報も伝えられればベストでしょう。

荷物を待つために仕事を休んでいたり、家で待っていたりする方も多いです。何らかの原因で荷物の配送が遅れてしまう場合には、すみやかに連絡を取れるよう、配送時の携帯電話忘れや充電忘れにも気をつけておきましょう。

委託先との事務的な事柄でのトラブル

近年、特に増加しているAmazon デリバリープロバイダでのトラブルが多く軽貨物ドライバーから報告されています。

Amazon独自の連絡方法やシステム、ルールもありますので、気をつけて仕事を請け負わなければなりません。

Amazonについては、以下でより詳しくトラブルのケースや対策をみていきましょう。

避けては通れない!?Amazonデリバリープロバイダでの軽貨物ドライバーのトラブル事例

近年、軽貨物ドライバーへの依頼が多くなってきているネット通販会社Amazon依頼が多くなれば、その分、トラブルも生まれてきます。

デリバリープロバイダと呼ばれるAmazon独自の配送チームに所属して軽貨物ドライバーの仕事を始める方も多いです。

ここで一つの見出しとして、トラブルの事例と対応についてご紹介していきましょう。

どのようなトラブルがあるのか

Amazonからの荷物配送の量が非常に多くなっています。軽貨物ドライバーの仕事が多忙になっているとも言い換えられるでしょう。

荷物量が多く、多忙になったために、配達荷物の対応でのトラブルが増えています。

配送遅延や勝手に不在扱いにされてしまったというトラブル

Amazonでは、日時指定やお急ぎ便といった独自の配送システムもあり、指定の時間に届かなかったり、勝手に不在扱いにされてしまったりといったトラブルが出てきています。

配送状況が正しく届け先に伝わらないというトラブル

配送状況を確認できるように追跡番号やお問い合わせ番号が設定されているのがAmazonの特徴です。

ですが、軽貨物ドライバーが配送中の事務作業を怠った結果、追跡番号やお問い合わせ番号による状況把握が正しくできないというトラブルも出てきています。

配送された荷物の破損や汚損

配送量が多くなってしまったせいか、荷物の扱いが雑になっているというトラブルも出てきているのが現状です。

破損や汚れだけでなく、ポストや配送ボックスに適切に投函しなかったことで、雨や雪の被害や盗難といった被害にあってしまったというトラブルも出てきています。

置き配する場合は雨に濡れないかなど置く場所にも気をつけましょう

軽貨物ドライバーの不適切対応によるトラブル

軽貨物ドライバーとお客様との直接的なトラブルもあります。

軽貨物ドライバーのお客様への態度が悪かったり、遅延や破損の謝罪がなかったりなど、人と人どうしのトラブルも生まれているという問題点もあるのが現状です。

トラブルへの対応について

一番のトラブル対応は、最後までしっかりと配達するということでしょう。いい加減な投函や荷物の扱いをせず、細心の注意を施していくことが重要です。

報告や連絡、相談や謝罪といった社会人として当たり前の行動をとるようにしてください。

配達時間の厳守や事務作業も怠らないといった基本的な事柄を丁寧にこなしていくことが、結果的にトラブルをなくしていくことになるでしょう。

ゆうき

トラブルが生まれる前にとことんトラブルになりそうな芽を摘んでおき、トラブルが起きてしまった場合にはより誠実に行動していくことが重要です。

まとめ

軽貨物ドライバーのトラブル事情と対策についてご紹介していきました。

軽貨物ドライバーの仕事以外の仕事でも同じですが、どれだけ気をつけていてもトラブルは起こってしまうでしょう。

事前にトラブルを防ぐ努力と、丁寧なお客様対応や依頼先への対応を行なったり、大切に荷物を扱ったりといった軽貨物ドライバーの基本を心がけていくことが、一番トラブルを回避できるのではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる