繁忙期や閑散期を把握して仕事のリズムを作れる軽貨物ドライバーになろう!

忙しいと言われる軽貨物ドライバーの仕事ですが、特に忙しい繁忙期と逆に仕事量が減る閑散期があるのはご存知でしょうか。

繁忙期をうまく利用して稼いでいくと年収アップにつながるため、しっかりといつが繁忙期なのかを確認しておくことが重要です。

また、閑散期もうまく利用することで、事業の点検や準備、新たな仕事先を見つける時間や体のメンテナンスに使うことも可能でしょう。

今回は軽貨物ドライバーの繁忙期と閑散期について、以下の点を中心にご説明していきます。

  • 軽貨物ドライバーの繁忙期はいつなのか
  • 軽貨物ドライバーの閑散期はいつなのか

上記の2点について詳しくご説明していきましょう。

目次

軽貨物ドライバーの繁忙期はいつ?

どんな仕事にも忙しい時期と暇な時期はあります。

軽貨物ドライバーの仕事にも繁忙期が。

いつ繁忙期なのか気になるという方も多いのではないでしょうか。

軽貨物ドライバーの繁忙期には特徴もあります。

軽貨物ドライバーの繁忙期の特徴について、以下の点を中心にご紹介していきましょう。

  • 繁忙期の種類
  • 毎年決まった時期の繁忙期
  • 通販会社のセール日
  • 地域ごとにある繁忙期
  • 思わぬできことによって繁忙期になってしまうこともある

上記の点を中心に軽貨物ドライバーの仕事の繁忙期についてご説明していきます。

繁忙期の種類

軽貨物ドライバーの繁忙期には種類があります。

  • 毎年ある季節におとずれる繁忙期
  • 通販会社のセール日
  • 特定の地域にだけある繁忙期
  • 思わぬ理由による繁忙期

以上のような繁忙期の特徴があるのはご存知でしょうか。

それぞれの繁忙期をうまく利用して軽貨物ドライバーは稼いでいます。

カレンダーやスケジュール帳でしっかりと繁忙期を確認しておくことで、仕事量や仕事に集中する時期を決めておくという軽貨物ドライバーも多いです。

繁忙期は肉体的にも精神的にも時間的にも大変ですが、うまく利用し乗り切ることで大きな稼ぎになります。

軽貨物ドライバーが気になる各繁忙期の特徴について、詳しくご説明していきましょう。

毎年来る繁忙期

軽貨物ドライバーだけでなく、日本の運送業にとって毎年やってくる繁忙期は決まっています。

  1. 年末年始
  2. 3月の引っ越しシーズン
  3. お中元の7月
  4. お歳暮やクリスマスといったイベントのある12月

運送業全体が繁忙期になるのが上記の4つの時期です。

軽貨物ドライバーも例に漏れず、繁忙期。

近年では通販での買い物もこの繁忙期に一気に増えているという傾向があるため、昔よりも配達する荷物の量が大幅に増えています。

この4つの繁忙期でどのくらい仕事をして稼いでいくかでその年の年収が決まるといっても過言ではないほどです。

カレンダーやスケジュール帳をうまく駆使して、繁忙期に一気に稼げるよう、仕事や体調、車の状態を整えておくようにしましょう。

通販会社のセール日

通販会社のセール日も繁忙期になることが多いです。

近年日本でも、アマゾンのブラックフライデーが一般の認知されてきたため、荷物の量が増えています。

アマゾン案件を多く抱える軽貨物ドライバーにとって稼ぎどきでもありますが、逆にどのようにこの時期を乗り切るのかによって収入が大幅に変わるため、注意が必要です。

アマゾンのセールの時期をしっかりとスケジュールに取り入れておくことが今や軽貨物ドライバーにとって常識となりつつあります。

地域ごとにある繁忙期

地域ごとによって、繁忙期が変わる場合があります。

例えば、蟹やお米といった地域に根付いている特産品の旬の時期には、配送の案件も増えます。

特産品だけでなく、冬にはスキー板やスノーボードの配送など、リゾート地への配達案件もあり、リゾート地への配達といった地域限定の案件もあるのが現状です。

さらに、テレビで紹介された地域限定商品や特産品の配送が一気に増えてびっくりしたという事例もありました。

世の中の流れや話題によっても荷物が増えることがあるため、注意が必要です。

思わぬできことによって繁忙期になってしまうことも

今まで紹介してきた繁忙期以外に、思わぬ事情によって繁忙期が発生してしまうことがあります。

例えば、記録的な猛暑や寒さが続いた場合や国際的な感染症が蔓延した場合など。

人が家から出づらくなるようなときには、配送業の需要が高まる傾向があります。

需要が高まるので、稼ぎどきと言えますが、時と場合によっては自分の身に危険が伴うこともありますので、自己責任で働かなくてはなりません。

ですが、軽貨物ドライバーの仕事が人々の生活を守っているという社会的な責任を実感できる時でもあります。

軽貨物ドライバーという仕事に誇りを感じられる瞬間でもあるのではないでしょうか。

軽貨物ドライバーの閑散期はいつ?

悩む軽貨物ドライバーの男性

繁忙期があれば閑散期があるのはどの仕事でも同じことでしょう。

軽貨物ドライバーの仕事にも閑散期が存在しています。

軽貨物ドライバーの仕事の閑散期には以下のような時期があげられるでしょう。

  • 繁忙期の後にやってくる閑散期
  • 天候や自然災害によって閑散期になることもある

上記の点について、詳しくご説明していきましょう。

繁忙期の後にやってくる閑散期

繁忙期の後に閑散期がやってくるのが軽貨物ドライバーの仕事のサイクルです。

繁忙期が忙しすぎたために、繁忙期を過ぎて荷物が減ると心理的に楽になるということもあるでしょう。

閑散期がくるということもカレンダーやスケジュールをみて確認しておくことで、繁忙期でもイライラしたり思い詰めたりせずに仕事をこなしていけるという意見も多いです。

繁忙期の後には閑散期がくると考えて、仕事をしていくと良いでしょう。

天候によって閑散期が来ることも

どうしても勝てない相手がいます。

それは、自然です。

軽貨物ドライバーの仕事も天候や自然災害によって滞ってしまうことがあります。

大雪や台風の時期ですと、道路が通行止めになったり、速度制限が課せられてしまったり。

スムーズな配送ができなくなってしまいます。

また、大きな被害が出る地震も軽貨物ドライバーの仕事に支障をきたす災害だと言えるでしょう。

荒天や自然災害といった人間の力ではどうすることもできない事象によって、閑散期になってしまうことがあるのは頭に入れておかなければなりません。

閑散期でも心を落ちつかせること!

軽貨物ドライバーは個人事業主です。

安定した仕事の依頼というのは理想ですが、なかなか難しいというのも現実なのではないでしょうか。

閑散期になると、仕事がこのまま無くなってしまうんじゃないかと心配になってしまう軽貨物ドライバーも少なくありません。

ですが、今は軽貨物ドライバーの人手が足りないという状況が続いている時代です。

様々な要因で発生した閑散期が空ければまた、仕事は増えていきます。

閑散期に落ち込んだりネガティブなことをあまり考えたりしないようにしましょう。

閑散期を過ぎればまた忙しい日々が戻ってきます。

安心してください。

まとめ:「繁忙期や閑散期をうまく利用して軽貨物ドライバーの仕事のリズムを作ろう!」

軽貨物ドライバーの仕事の繁忙期と閑散期についてご紹介していきました。

繁忙期は毎年おとずれるものだけでなく、様々な社会情勢でおとずれる場合もあります。

閑散期についても、繁忙期の後にある場合もあれば、天候や自然災害といったどうすることもできない事情によっておとずれることもある点も気をつけなければなりません。

閑散期になったとしても、時期がすぎればまたいつも通りの配送状況に戻ったり、一気に繁忙期になったりすることもあります。

閑散期でも心を乱さずに、おとずれるであろう繁忙期に向けて、車の点検やスケジュール調整、体調管理など準備をしておきましょう。

繁忙期や閑散期をうまく利用して軽貨物ドライバーの仕事のリズムを整えたり、収入を計算をしたりしていくと良いのではないでしょうか。

[clink url=”https://keikamotsu-driver.jp/example-of-someone-who-can-and-cannot-earn-money/”]

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる