軽貨物ドライバーになりたい方必見!運送業に向いている人・向いていない人

どんな仕事にも向き不向きはどうしてもあります。

軽貨物ドライバーも含めた運送業にも向いている人と向いていない人がいるのが現実です。

今回は軽貨物ドライバーを含めた運送業に向いている人や向いていない人の特徴について詳しくご紹介していきましょう。

自分が当てはまっているか確認をして安心するのも良いのでは。

運送業界に興味がある方必見です!

軽貨物ドライバーなどの運送業に向いている人の特徴

軽貨物ドライバーなどの運送業に向いている人はどのような方でしょうか。

運送業に向いている人の特徴について以下にまとめました。

  • 長時間の車の運転が苦ではなくむしろ好きだという人
  • 地図を見るのが好きで道路に関して詳しい人
  • 自分に厳しくコツコツと仕事をこなしていくのが好きな人
  • 体を動かすのが好きで体力もある人
  • 明るくてメンタルが強い人

上記のような方が運送業に向いていると言われます。

それぞれの向いている理由について具体的にご説明していきましょう。

長時間の車の運転が苦ではなくむしろ好きだという人

軽貨物ドライバーを含めた運送業の仕事は長時間車の運転をしていきます。

ですので、長時間の運転が苦ではなく、むしろ大好きだという方は非常に運送業に向いていると言えるでしょう。

運転だけでなく、車内に何時間いても苦じゃないという方も向いています。

長時間の運転が大好きで車内の環境がすごく落ち着いて良いという方は非常に軽貨物ドライバー向きの性格でしょう。

地図を見るのが好きで道路に関して詳しい人

カーナビや紙の地図、スマホアプリの地図など、軽貨物ドライバーを含めた配送の仕事では、地図は必須のアイテムです。

ですが、世の中には地図を見るのが苦手だという人も多くいます。

地図を見ながら仕事をすることも多いので、地図を見るのが得意で、大好きだという方は配送の仕事に向いているでしょう。

また、地図の見方は苦手でも、道路に関して詳しい方は運送業に向いていると言えます。

抜け道や一方通行、毎日の渋滞情報など道路に関する情報は様々。

細かい道路事情に詳しいほうが仕事をしていく上で得をするのは言うまでもありません。

地図を見るのが大好きかつ得意で、道路事情に詳しいと言う方は軽貨物ドライバーなどの運送業に向いています。

地図は軽貨物ドライバーの強い味方!紙とスマホアプリを比べてみました!についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

自分に厳しくコツコツと仕事をこなしていくのが好きな人

運送業は一人で行うことが多い仕事です。

車内で一人で過ごす時間も長いため、一人でコツコツ仕事をしていける方が向いています。

一人で仕事をこなしていく時間が長いということは、仕事に集中することも怠けることもできてしまうのが現実です。

自分に厳しくコツコツと仕事をこなしていくことが運送業で成功する秘訣だと言えるでしょう。

自分一人でもコツコツと努力して働いていける人は運送業に向いています。

体を動かすのが好きで体力もある人

座っていたり運転したりする行為は意外と体力を消耗します。

さらに、荷物を配って回るとなると体力勝負なのも否めません。

エレベーターがない配達先もありますし、その場合に高層階まで階段を使って配達していくこともあるでしょう。

荷物を持って階段を登っていく作業は足にも腰にも疲労が重なります。

普段から体力や筋肉をつけている人が有利なのは否めません。

体力に自信があり、体を動かすのが好きな方は軽貨物ドライバーだけでなく運送業全般向いていると言えるでしょう。

明るくてメンタルが強い人

運送業はお客様からのクレームが多いことでも有名な仕事です。

配達する人のせいで荷物が破損したり、紛失したり、届けるのが遅くなったりしてしまった場合、クレームが入るのは仕方ありません。

ですが、道路事情や天候、梱包の段階で問題がある荷物など、配達員に関係のないことも多くあります。

関係のない場合でも、クレームが入るのは荷物を送った側ではなく配達員の方が圧倒的に多いです。

さらに、全くもって理解不能な理不尽な理由でクレームを言ってくる人もいます。

怒られることや直にクレーム処理をしなければならないこともあるでしょう。

メンタルが強く明るく前向きに仕事をしていかないと精神的にもたないこともあります。

運送業をする方はメンタルが強く前向きな人の方が向いているのは言うまでもないでしょう。

軽貨物ドライバーなどの運送業に向いていない人の特徴

軽貨物ドライバーだけでなく、運送業に向いている人がいる一方、運送業には向いていないと言う方もいます。

どのような方が運送業に向いていないのかについてご紹介していきましょう。

どんな方が運送業に向いていないかについて、以下の点が言われることが多いです。

  • 体力がない人
  • 時間を守ることが苦手な人
  • 車の運転が得意ではない人
  • 責任感のない人
  • 仕事の工夫をするのが苦手な人

上記の人が運送業に向いていないと言われることがあります。

どのような理由で運送業に向いていないと言われるのかについて詳しくご紹介していきましょう。

体力がない人

運送業は体力勝負な面もあります。長時間の運転や配送は体力がないとこなしていくことは難しいです。

体力のない人や体力に自信がない人は向いていないと言えるでしょう。

今体力がない人も、今日から運動や筋トレをして体力を向上させていくんだと決意し、コツコツ努力していくのも良いのではないでしょうか。

時間を守ることが苦手な人

友人との待ち合わせや職場や学校によく遅れていたと言う方は運送業に向いていないでしょう。

運送業は時間厳守なことが多い仕事です。

時間が守れないドライバーは委託先からの信頼も得られません。

仕事の量を増やすことにつながらず、結果稼げないということになりかねないでしょう。

時間にルーズな方は運送業に向いているとは言えないので、気をつけてください。

車の運転が得意ではない人

車の運転が得意ではない人は運送業には向いていません。

配送に出るたびに、縁石に乗り上げたり、壁を擦ってしまったり。

運転のトラブルによって荷物に損傷がでてしまうということにもつながりかねません。

得意ではないことを仕事にしていくと、上手くいかないことも多く、ストレスも溜まるでしょう。

ですので、運転が苦手な方は運送業には向いていません。

責任感のない人

責任感のない方には運送業は向いていません。

人様の荷物を雑に扱ったり、委託先との契約内容を守れなかったり、交通ルールを守れなかったり。

社会人としての責任を実行に移せない方は信頼も得られません。

軽貨物ドライバーを含めた運送業は信頼がないと仕事が増えないでしょう。

責任感がある方は信頼を得られます。

いい加減な気持ちが多い方は他の職種をおすすめしたいです。

仕事の工夫をするのが苦手な人

運送業は常に仕事の工夫を求められます。

荷物の積み方1つで、配送効率を高められますし、日々の配送経路設定は工夫していかないと短い時間で配り終えることができません。

仕事の工夫ができないと日々の業務をこなしていくのも一苦労ですので、工夫が苦手な方も向いていないと言えるでしょう。

客観的に運送業向き不向きチェックする方法がある

なかなか自分一人で仕事に向いているのかどうか判断するのは難しいところ。

実は客観的に向いているかどうか見てもらえる適正診断があるのはご存知でしょうか。

NASVA独立行政法人自動車事故対策機構が行なっている適正審査についてご紹介しておきましょう。

NASVA独立行政法人自動車事故対策機構

NASVA独立行政法人自動車事故対策機構では、ドライバーの運転適正や性格診断を行なっています。

インターネットで予約をして、お金を払い、診断を受けて、その結果を見ながらカウンセラーからのアドバイスをもらうことが可能です。

客観的に自分の特性を見ることができますので、自分ではなかなか適正がわからないという方は診断を受けてみるのもよいのではないでしょうか。

NASVA独立行政法人自動車事故対策機構

まとめ:「運送業に向いている向いていないということはどうしてもあるのが現実」

軽貨物ドライバーを含めた運送業に向いている人や向いていない人の特徴について紹介していきました。

どんな仕事にも向き不向きがあります。

自分が運送業に向いているかどうかじっくりと考えてみてもよいでしょう。

NASVA独立行政法人自動車事故対策機構の適正診断を利用するのも良いのでは。

ですが、やってみないと向いているか向いていないのか、わからないこともあります。

自分1人で悩みすぎず、行動に移していくことで変わっていくこともあるのではないでしょうか。

[clink url=”https://keikamotsu-driver.jp/example-of-someone-who-can-and-cannot-earn-money/”]

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる