大手が良いわけではない?軽貨物運送の業界事情を解説!

軽貨物運送をしている人、軽貨物をこれから始める人の中には、大手企業と委託契約するのがいいのか、どんなメリット、デメリットがあるのか気になっている人も多いのではないでしょうか?

また、大手企業以外との委託契約がいいのか悩む人も多いと思います。

そこで今回は大手企業との委託契約事情や業界事情をご紹介します。

目次

大手企業と委託契約をするとどんなメリットがある?

軽貨物運送業では、大手企業と委託契約をするのがいいのかな?

と思う人もいるではないでしょうか。

やはり、大手企業のいちドライバーとして仕事をできるということは、ドライバーとしての誇りや自身にもなりますし、なにより経験値に繋がります。

また、ユーザーなどから見たときも、大手企業のドライバーとして認識してもらうことができるので、社会的地位の向上にもなります。

人に紹介するときも、自分の仕事に自信をもって答えることができます。

大手企業での業務は、ハードな反面、その後業界を生き抜いていく力をつけることができるので、とても役に立つ経験になります。

このように、大手企業と委託契約を結び、ドライバーとして軽貨物運送を行うことは、大きなメリットがあると言えます。

大手企業と委託契約をするデメリットはあるの?

大手企業と委託契約をするときにメリットばかりでデメリットはないように思えますが、デメリットはあるのでしょうか?

大手企業のドライバーとして認識されれば、なにか大手企業でトラブル、企業イメージが下がるようなことがあれば、業務委託のドライバーであっても、ユーザーからは、その企業の一員として認識されるので冷たい目で見られたり、クレームなどもその企業の人間として受け取らなければなりません。

また、逆も然り。自身が不快な対応をしてしまったり、ミスをしてしまった場合は、企業イメージをダウンさせることに繋がります。

そのため、大手企業の一員だという意識を高く持つ必要がありますし、企業の名に恥じないような行動が重要になります。

大手企業との委託契約以外に契約方法はある?

軽貨物運送を行っていくなら、業界事情として、大手企業以外との委託契約が全てではないことをしっかりと認識し、知識をつけておくべきです。

軽貨物運送は、企業との直接契約だけでなく、フランチャイズに加盟したり、業者と委託契約を結ぶ方法もあります。

フランチャイズに加盟となると、大手企業と似たような形にはなりますが、世間一般の認識が大きくことなり、フランチャイズだからということで、個人事業主だというところまで、認識してもうことが可能です。

もう一つ、業者と契約する方法があります。

業者とは、宅配や企業配、ネットスーパーなど多くの契約先をもっていて、その中から仕事を紹介してもらうことができます。

自分で直接、報酬などの交渉をする必要がないので、大変便利です。

その点、仲介業者なのでマージンを売り上げから引かれます。

その分、自分の利益が少なくなってしまいます。ただ、それでも初めて軽貨物運送を行う人などにはおすすめの方法となっています。

軽貨物運送の業界事情って?

軽貨物運送にもさまざまな業界事情が存在します。

それは、いま既に需要のある軽貨物運送が更なる飛躍をみせるという点です。

これからも通販など、インターネットを活用した消費者行動は加速していきますし、コロナ禍でさらに需要は高まっています。

他にも、人手不足、過重労働、低賃金などマイナスな業界事情も存在します。これが解決されない限り、若い人材を業界として獲得、育成していくことは難しく、現在、官民協力してこの業界のマイナスイメージを払拭しようと対応しています。

他にもこれに関連して、AIの発達による自動運転システム搭載車の運用についてやドローンの活用。

他にも、タクシーや公共交通機関を利用した配送方法など、さまざまな方法で、需要の高まる軽貨物運送を支えようとしています。

このように、軽貨物運送の業界も日々進歩しようとさまざまな策が講じられています。

軽貨物運送のドライバーは引く手あまた

需要の高まりがあるうちは、軽貨物運送のドライバーは引く手あまた状態です。

先ほどいくつか、業務委託契約について業界しましたが、正直選べる立場にあるのは、ドライバーの方です。

これまでは、どの企業、業者も質や経験などを求める傾向にありましたが、今では少しでも人材の確保がしたいため、未経験でも必要としてもらうことができます。

これは、小さな業者や中小企業に限ったことではなく、大手企業も例外ではありません。

特に大手企業は宅配が占める割合が多いため、少しでも人材を確保したいと考えています。

まとめ

いかがでしたか?

一概に、大手企業のドライバーがいいとは言えず、この業況が続くうちは、熟考して業務委託契約先を選択することができます。どこでもいいや、ネームバリューが全てだとは思わずに冷静に選択することが大切です。

[clink url=”https://keikamotsu-driver.jp/is-there-any-future-in-the-transportation-industry/”]

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる