稼げる軽貨物ドライバーが実践している早く配達できるコツとは

「配達が早くなればそれだけ荷物が多く運べるのに。多くの荷物を運べるようになったら、収入も上がるのに」と考えている軽貨物ドライバーも多いです。

さらに、軽貨物ドライバーの仕事を始めたばかりのころですと、どのような時間短縮の方法や工夫、意識が必要なのかということも分からないという方もいます。

今回は、配達が早くなるコツについてまとめて記載しました。

しっかりと配達が早くなるコツを頭に入れて、効率的に配達できる軽貨物ドライバーを目指していきましょう。

時間短縮を徹底的に! ~配達が早くなるコツその1

 

配達が早くなるコツの1番重要なことは、「時間短縮を徹底的に」ということです。

1件の配達時間や事務作業の無駄を省き、少しでも早く終わらせていくということを重ねていくことで、1日トータルでの作業時間を大幅に減らすことができます。

どのようにして時間短縮を行うことができるのかご紹介していきましょう。

配達の工程に慣れる

軽貨物ドライバーの仕事を始めたばかりのうちに配達が早くなる方法を考えるのは得策ではありません。

荷物の載せ方や配達の流れ、担当地域の地図など1日の仕事の流れを体に染み込ませることが最初は重要です。仕事を始めてすぐの時期には効率化よりも、仕事の流れを覚えるようにしていくことの方が、配達が早くなるコツになります。

早い時間から配達を始める

常識的な範囲で早い時間帯から配達していくことが配達を早くするコツです。午前中は出かけずに在宅の方も多く、再配達のリスクを減らせられます。

再配達の件数を減らしていくことで、その日の配達を早く終わらせることができるでしょう。

目標時間を決めて動く

目標時間を設定して仕事をしていくことで、集中して効率よく働くことができます。

10件の荷物を○○分で終わらせよう」「○時までに、特定の地域を終わらせよう」といった具体的な時間を設定して仕事をこなしていくようにすることで、配達が早くなっていくでしょう。

目標時間内に配達できると達成感もありますので、日々の仕事にもメリハリもでてきます。

配達1件あたりの時間短縮を意識

配達1件あたりの時間を短縮していくことで、配達が早くなっていきます。1件あたり1分短縮することで、1日で100分近く短くしていくことができるでしょう。

どうやったら1件あたりの配達時間を減らせられるかを考えながら仕事をしていくのがコツです。塵も積もれば山となる仕事が軽貨物ドライバーの仕事でしょう。

不在票を書く時間を短縮

不在票を1日に何件も書いていくのが軽貨物ドライバーの悩みの種ですが、不在票を書く時間を短縮していくことも配達が早くなるコツです。

日付印をうまく使って押印していくことやあらかじめ書いておいても良い情報を書いておくといったことで、時間を短縮していくことができるでしょう。

文房具を有効利用して書類を整理

文房具を有効に活用していくことで、不在票や地図といった書類をうまく整理していくことも配達が早くなるコツです。書類を探す時間や、伝票を分類することに時間を使ってしまうのは効率的ではありません。

1日に100件近くの配達伝票を探してしまっていてはいくら時間があっても足りないでしょう。カラークリップをうまく使って、分類している軽貨物ドライバーも多いですので、試してみてください。

車内灯をLEDにしたり増設したりする

夜の配達では、暗くて荷物の住所や伝用が見づらく、何度も確認したり、ゆっくり確認しないと分からなかったりということも多いです。

車内灯をLEDにしたり、LED灯を増設し車内を明るくしたりすることで、住所や伝票の確認を素早くすることができます。確認に時間が取られないように工夫していくことで、時間短縮することができるでしょう。

荷物の積み方に工夫を! ~配達が早くなるコツその2

荷物の積み方一つで、配達効率は劇的に変化します。配達効率が上がることで、配達も早く終わらせることができるでしょう。

積荷も1度積んだらそのままではなく、配達中もならしていくことで、より効率よく配達していくことが可能です。積荷の積み方の工夫についてご紹介していきましょう。

箱の大きさや形を考えて荷物を積む

箱の大きさや形を考えて荷物を荷台に積んでいくことも配達が早くなる方法です。めちゃくちゃな積み方をしてしまい、スムーズに荷物の出し入れができないと、荷崩れや荷物を探す手間もかかってしまいます。

大きさを揃えておいたり、特定の大きさの荷物を置く場所を工夫したりしていくことで、より効率的に配達作業をこなしていけるでしょう。

配達先や配達経路を考えて積む

配達先や配達経路を考えて荷物を積むことは重要です。配達の順番が早い案件の荷物は扉に近いところに置き、すぐに持っていけるようにすることは基本。

配達スタート時にしっかりと1日の配達先や配達経路を確認して、考慮に入れながら、荷物を積んでいかなければ配達を早く終わらせることはできないでしょう。

配達しながら荷台をならしていく

配達していくと、荷台にも空きスペースがどんどん出てきます。荷物を均等にならしていくことで、取り出す際も素早く取り出せますし、荷崩れといった事故を防ぎ、荷物を元に戻すという無駄な時間を短縮させることが大事です。

配達しながら荷台もならして配達をしていくようにしてください。

スライドドア周辺に荷物を積む

スライドドアは、ドアギリギリまで荷物を積めるので、軽貨物ドライバーにとって嬉しい扉です。スライドドアの周辺にある荷物は取り出しやすいため、早く配達することができるでしょう。

荷物をならす作業の時にスライドドア近辺に配達順が早い荷物を置いておくのがコツです。

配達経路の改善 ~配達が早くなるコツその3

配達経路を改善していくことで、配達が早くなります。配達先の在宅傾向や配達経路の交通事情をしっかりと知り、1日の配達経路の決定に落とし込んでいくことで、より効率的に配達することができるでしょう。

配達経路の改善点について、具体的にご説明していきます。

配達先の在宅傾向を把握する

ほとんどの軽貨物ドライバーの方は、自分の配達地域が決まっています。自分の担当エリアのお客さんの在宅傾向を大まかに把握しておくことで、配達順番の決定もでき、不在といった再配達の手間も省けるでしょう。

配達先の在宅傾向もしっかり頭の中にいれている軽貨物ドライバーはやはり配達が早く、収入も多いのが現実です。

配達経路の交通事情を把握する

配達経路の交通事情を把握しておことで、効率よく配達を行うことができます。

「何時ごろ配達経路の道路が混むのか」「抜け道やショートカットできる道はないか」「一方通行はどこなのか」「通れない時間帯はいつなのか」といった配達経路の交通事情をしっかり頭の中にいれておくことも大事です。

交通事情を把握していることで、経路の設定もでき、設定できた経路は効率よく配達できるルートになるでしょう。交通渋滞に巻き込まれることほど軽貨物ドライバーにとって無駄な時間はありませんので、配達経路の交通事情を把握するのは基本になります。

まとめ

配達が早くなるコツについて、ご紹介していきました。

ご紹介した配達時間の短縮を強く意識して仕事をしていくことや積荷の仕方にも工夫をしていくこと、配達経路の設定時に気をつけていくことをしっかりと頭の中に入れて配達していくことで、効果的に配達できるようになります。

11件の配達を適当にするのではなく、自分なりの意識をもって配達していくことで、より早く効率的に配達できる軽貨物ドライバーになれるでしょう。

配達が早くなれば、より多くの荷物を運ぶことができるので、今まで以上に稼いでいくことができます。配達が早い軽貨物ドライバーになるためにも、今回ご紹介したコツを是非とも実践してみてください。

軽貨物ドライバーJP
軽貨物ドライバーJPは東京都を中心に埼玉、千葉、神奈川県全域で軽貨物運送事業、軽貨物運送オウンドメディアを運営しております。豊富な案件を取り扱っており、現在も老若男女問わず、多くのパートナードライバーさんが活躍してくれています。弊社は共に働くパートナーさんを第一に考える会社です。また随時、パートナードライバーさんを募集しています。気になることやご相談も小さなことでも構いません。まずはお気軽にお問い合わせください。軽貨物ドライバーJPの求人ページはこちら

関連記事一覧