【アマゾンフレックスのメリットとデメリット】軽貨物ドライバーとしてamazon FLEXで働く魅力・収入とは?

コラム

軽貨物ドライバーの仕事で、切っても切れないのは「アマゾン」です。近年、アマゾンからの軽貨物配送の依頼が増加しており、軽貨物ドライバーの需要も高まっています。

さらに、アマゾンからの直接契約となる「アマゾンフレックス」という制度も軽貨物ドライバーの働き方の選択肢として出てきているのはご存知でしょうか。

今回はアマゾンフレックスでの軽貨物ドライバーの働き方について、収入面の話だけでなく、メリット・デメリットも踏まえてご紹介していきましょう。

アマゾンフレックスで働く軽貨物ドライバーは増加傾向

 

アマゾンフレックス ロゴ

近年、通販サイトアマゾンの荷物配送が急増しており、今後もこの傾向は続くと予想されています。

ですが、アマゾンの荷物を運ぶ軽貨物ドライバーの数が足りているとは言えず、軽貨物ドライバーの需要が常にある状態です。

アマゾンフレックスで軽貨物ドライバーとして働いていく際の仕事内容や平均収入、始め方についてご紹介していきましょう。

アマゾンフレックスでの仕事内容について

アマゾンフレックスで軽貨物ドライバーとして働いていく際、「フレックスプロ」と「フレックサー」といい2つの働き方があります。

どちらの働き方でも、配送センターから荷物を預かり、指定されたブロック内の届け先に荷物を運んでいくという業務です。

「フレックスプロ」と「フレックサー」の双方の仕事内容についてご紹介していきましょう。

フレックスプロ

フルタイムでアマゾンの荷物を配送する働き方がフレックスプロです。週休2日、週50時間で働いていくという勤務形態で、安定した収入を得られます。

フレックサー

フレックスタイム制でパート勤務という形がフレックサーとしての働き方になります。自分の空いている時間や都合の良い時間、仕事と仕事の合間時間に働いていくスタイルです。

アマゾンフレックスでの平均収入はいくら?

アマゾンフレックスで軽貨物ドライバーとして働いた場合、どのくらいの収入が得られるのかご紹介していきましょう。

フレックスプロとして、働いていく場合、収入は安定します。平均月収39万円から44万円ほどの収入を安定して得ている軽貨物ドライバーが多いです。

フレックサーとして働いていく場合には、2時間あたり3,750円ほどが平均的な給与額として多く紹介されています。

アマゾンフレックスで軽貨物ドライバーの仕事を始める方法とは

悩む軽貨物ドライバーの男性

アマゾンフレックスとして働いていくためには、どのような手順を踏んで仕事を始めていくことができるのかご紹介していきましょう。

アマゾンフレックスに登録が必要

アマゾンフレックスで働くためには、まず最初にAmazon Flexというアプリをダウンロードして登録することが必要になります。

アプリをダウンロードした後で、運転記録証明書や車検証をアプリからアップロードしていくことも必要になりますので、準備しておきましょう。

Androidをご使用の場合は以下の手順でダウンロードできます。
  1. 設定のセキュリティーを開く
  2. 不明なソースからのアプリをONにする
  3. アプリ一覧のマイファイルよりAmazon Flex アイコンをタップしてインストールする。

アマゾンフレックスに登録するための条件とは

簡単にアプリをダウンロードできる今の世の中です。

ですが、「Amazon Flex」をダウンロードして、運転記録証明書や車検証をアップロードするだけでは、アマゾンフレックスで働くことはできません。

アマゾンフレックスで働くためには、さらに条件があります。

アマゾンフレックスで働くための条件についてまとめておきましょう。

20歳以上という年齢制限がある

20歳以上でないとアマゾンフレックスで働くことはできません。20歳以上になれば、仕事としての責任を個人に問えるという観点から、この年齢制限が設けられていると推測されます。

アマゾンフレックスで軽貨物ドライバーとして働くためには高卒すぐでは無理ですので、気をつけてください。

スマートフォンを所持していないとできない

登録の際にアプリが必要になるため、スマートフォンを所持しているという条件を備えている方は多いと思います。

スマートフォンが常時使える状況にあるということもアマゾンフレックスで働くための条件になりますので気をつけましょう。

配送用の軽貨物車を所有していること

配送用の軽貨物車を所有していることも、アマゾンフレックスで働くための条件になります。ただ所持しているだけでは条件を満たしたことになりません。

以下の2つの基準についてさらに求められることになります。

  • 貨物軽自動車運搬事業届出を完了している軽貨物車を所有していること。
  • 上記の軽貨物車は任意保険と自賠責保険の両方に加入済みであること。

つまり、黒ナンバーをしっかりと習得しているということが求められますので、気をつけてください。

任意保険と自賠責保険の両方の加入が求められますので、経費もある程度かかる点にも気をつけなければならないでしょう。

軽貨物ドライバーがアマゾンフレックスで働くメリット・デメリット

軽貨物ドライバーとしてアマゾンフレックスで働いていくメリット・デメリットについてご紹介していきます。

さらに、アマゾンフレックスで働いていくのに向いている軽貨物ドライバーにはどんな傾向があるのかについてもご紹介していきましょう。

しっかりとメリット・デメリットを把握して、アマゾンフレックスでの軽貨物ドライバーの仕事が良いのか、個人事業主としての軽貨物ドライバーの仕事の方が良いのかを考えていくことが大切です。

アマゾンフレックスで軽貨物ドライバーとして働いていくメリット・デメリットについてご紹介していきます。

アマゾンフレックスで軽貨物ドライバーとして働くメリット

アマゾンフレックスで軽貨物ドライバーとして働くメリットには、大きく分けて、2点あるでしょう。

1点目は、安定した収入を見込めるという点です。アマゾンフレックスでフレックスプロとして働く場合、平均月収39万円から44万円ほどが安定してもらえます。

ですので、安定した賃金を求める人にとっては非常に良い働き方のではないでしょうか。

2点目としては、軽貨物ドライバーとして初めて働く場合の選択肢として、非常に良い点でしょう。

軽貨物ドライバーとして仕事を始めたいが、どのようにして働くのかイメージできていない方や、仕事に慣れていない方には、アマゾンフレックスでの働き方はおすすめできます。

軽貨物ドライバーとしての仕事方法や配達経路の効率化といった基本的な部分を働きながら勉強することができるでしょう。

将来的に独立することを前提にアマゾンフレックスで経験を積もうと考える方も多いです。

アマゾンフレックスで軽貨物ドライバーとして働くデメリット

アマゾンフレックスで軽貨物ドライバーとして働くデメリットについてご紹介していきましょう。大きなデメリットは2点あります。

1点目は、アマゾンの配送荷物の量の多さです。大量に荷物の配送があるため、体力に自信がない方にはとても厳しい業務になります。

しかもフレックスプロで働く場合には1日の配送ノルマなど、数字に厳しいため、配送量や時間に厳しく働いていかなければなりません。

配送量のノルマが自分のペースで決められないため、注意が必要です。

2点目は、平均月収がある程度決まってしまっているという点でしょう。平均月収40万円前後より上は望めません。

ですので、働いただけ給料をもらいたいという方には向いていないと言えるでしょう。稼ぎたい方にとってはアマゾンフレックスでの働き方はおすすめできません。

アマゾンフレックスに向いている軽貨物ドライバーとは

アマゾンフレックスで働くのに向いている方は、メリットから考えると「体力に自信があり」、「軽貨物ドライバー業界に進出したばかりの人」で、「安定的な収入をいち早く得たい」方にとって、最高の働き方だと言えるのではないでしょうか。

どちらがおすすめ?~アマゾンフレックスと個人で働く~

アマゾンフレックスでの軽貨物ドライバーの仕事と、個人事業主として個人で働くことのどちらがおすすめでしょうか?

確かに、アマゾンフレックスで働けば、仕事量もありますし、軽貨物ドライバーの仕事の流れも覚えられるでしょう。

ですが、ある程度の収入で止まってしまう点は考えなければなりません。個人事業主として個人で働いていっても、今現在軽貨物ドライバーの需要は高いですし、アマゾンフレックスに属さなくても仕事もあるのが現状です。

アマゾンフレックスではなくどこにも属さず個人事業主として個人で働く方が、収入を多く得られる可能性が高いという点で、おすすめなのではないでしょうか。

まとめ

軽貨物ドライバーとしてアマゾンフレックスで働いていくことについて、ご説明してきました。安定した収入や、軽貨物ドライバーとしてのスタートアップ先という観点では、アマゾンフレックスで働くというのはメリットが大きいでしょう。

ですが、ある程度の月収で止まってしまうため、将来的には独立してどこにも属さず個人事業主として働いていく方が現状は良さそうです。

外資系企業が母体ですので、いきなり経営方針が変わりリストラにあうということも考えられるので、メリット・デメリットをしっかり把握した上で、働き方を選択していくことをおすすめします。

公式ライン軽貨物ドライバーJP公式LINEアカウントに友達登録すると、おすすめ案件や最新記事など、軽貨物ドライバーに関するお得な情報を配信します!

公式LINEアカウントに登録!

関連記事一覧

特集記事

コメント

  1. 2020.10.07

    […] […]

  2. 2021.01.09

    […] […]

  3. 2021.02.17

    CBD gummies for sale

    【アマゾンフレックスのメリット、デメリット】軽貨物ドライバーとしてアマゾンフレックスで働く魅力・収入とは? | 軽貨物ドライバーJP

公式ライン
軽貨物ドライバーJPツイッター
軽貨物ドライバーJP

軽貨物ドライバーJP

軽貨物ドライバーJPは東京都を中心に埼玉、千葉、神奈川県全域で軽貨物運送事業、軽貨物運送オウンドメディアを運営しております。弊社は共に働くパートナーさんを第一に考える会社です。気になることやご相談も小さなことでも構いません。まずはお気軽にお問い合わせください。

最近の記事

  1. 軽バンはどのくらい持つ?軽貨物ドライバーの走行距離に関する問題と対応策を徹底解説

  2. 軽貨物ドライバーになりたい方必見!運送業に向いている人・向いていない人

  3. 繁忙期や閑散期を把握して仕事のリズムを作れる軽貨物ドライバーになろう!

  4. 軽貨物ドライバーを悩ませてきた再配達問題って何?対策に光明も!

  5. 軽貨物ドライバーを始めるための開業資金はいくら?初期費用を安くする方法もご紹介!

  6. 志望動機の考え方もご紹介!軽貨物ドライバーになるための履歴書の書き方と面接のコツとは

新着 オススメ 特集記事
  1. 軽バンはどのくらい持つ?軽貨物ドライバーの走行距離に関する問題と対応策を徹底解説

  2. 軽貨物ドライバーになりたい方必見!運送業に向いている人・向いていない人

  3. 繁忙期や閑散期を把握して仕事のリズムを作れる軽貨物ドライバーになろう!

  4. 軽貨物ドライバーを悩ませてきた再配達問題って何?対策に光明も!

  5. 軽貨物ドライバーを始めるための開業資金はいくら?初期費用を安くする方法もご紹介!

  6. 志望動機の考え方もご紹介!軽貨物ドライバーになるための履歴書の書き方と面接のコツとは

  1. 【軽貨物運送業用語集】軽貨物ドライバーの業務の中でよく使われている専門用語を覚えよう!

  2. 初心者必見!軽貨物運送業で使用する道具ガイド20選(車内編&車外編)【2021年最新版】

  3. 睡魔を吹き飛ばそう!軽貨物ドライバーのおすすめ眠気対策グッズ8選【2021年最新版】

  4. もしもの味方!軽貨物ドライバーの任意保険事情について

  5. 【2021年最新版】 稼げる軽貨物ドライバーが使っているおすすめ便利グッズ7選

  6. 「ゼンリン配達アプリ徹底解説」使い方一つで軽貨物ドライバーの強い味方!

  1. 軽貨物ドライバーの間で今話題のピックゴー(Pick Go)!気になる評判や口コミもご紹介!

  2. 話題の配送マッチングサービス5選!おすすめはどこ?軽貨物ドライバーにとってのメリットやデメリットとは?

  3. ドライバージョブで良案件をみつけていこう!口コミや評判も紹介!

  4. 軽貨物ドライバーをスマホで気軽に始められる!「ハコベル」の評判・口コミとは

  5. DIAq(ダイヤク)の評判や口コミは?軽貨物ドライバーとして働くのはアリ?ナシ?

  6. 【アマゾンフレックスのメリットとデメリット】軽貨物ドライバーとしてamazon FLEXで働く魅力・収入とは?

軽貨物ドライバーの眠気対策グッズベスト8
軽貨物ドライバーにおすすめな台車
軽貨物ドライバーにおすすめドライブレコーダー
稼げる軽貨物ドライバーが使っているおすすめ便利グッズ7選
軽貨物ドライバーの必需品16選
軽貨物運送業で使用する道具ガイド20選(車内編&車外編)
TOP