• HOME
  • ブログ
  • コラム
  • 水の重さはバカにできない!きついと言われるウォーターサーバー配達のメリットと注意点とは

水の重さはバカにできない!きついと言われるウォーターサーバー配達のメリットと注意点とは

「ウォーターサーバー配送は本当にきつい・・・」

実際、現場で働く軽貨物ドライバーからよく耳にする言葉です。ですが、ウォーターサーバー配送の仕事を正確に知っている方も少ないのが現状です。

重量のある水を日々運ぶのは大変だろうなとイメージはつきますが、ウォーターサーバーの設置作業やメンテナンス、はたまた営業までこなしていかなくてはならないという点はあまり知られていません。

さらに、収入面が他のルート配送よりも高いという点もあまり知られていないのではないでしょうか?

今回はきついと言われるウォーターサーバー配達について、軽貨物ドライバーの視点から仕事内容と仕事をしていくメリット、注意点にも言及しながらご紹介していきます。

きついと言われるウォーターサーバーの配達とは

きついと言われることが多いウォーターサーバーの配達の仕事ですが、どのような仕事内容なのかについて知っている人はあまり多くいません。 ウォーターサーバー各社ごとに仕事内容も異なり、配達以外の業務を軽貨物ドライバーに任せてくるところもあるので注意が必要です。

ですが、給与面や待遇面を見ていくと、他のルート配送よりも給与が高いというデータもあるのが事実。ウォーターサーバー配達の仕事内容についてご紹介していきましょう。

業者配達と自社配達とがある

ウォーターサーバーの配達には、業者配達と自社配達があるのはご存知でしょうか?

業者配達は、各ウォーターサーバー会社が佐川急便やクロネコヤマトなどの宅配業者に配送を依頼するという業務形態です。業者配達では、ボトルの回収がないことが大きな特徴になります。

自社配達では、自社で採用したドライバーにウォーターサーバーを配達させるという業務形態です。ボトルの回収業務もあるため、メーカーの営業所だけでなく各エリアの代理店や販売店と利用者を行き来するような配送が中心になります。

仕事内容は様々!

ウォーターサーバーの配達には様々な仕事があります。どのような仕事内容を軽貨物ドライバーに任せられるのかについて、ここではご紹介していきましょう。

水の入ったボトルの配送と回収が基本業務

数リットルの水が入ったボトルを複数配送するのと、利用者が使い終わったボトルを回収していくというのが基本的な業務になります。業者配送と自社配送とによって、ボトルを回収するかしないかは分かれてきますので、気をつけてください。

設置作業やメンテナンス作業をすることも

ウォーターサーバー配送の特徴が、ウォーターサーバーの配送だけでなく、設置作業やメンテナンス作業を軽貨物ドライバーに任せるという業者も多くある点ではないでしょうか。

人件費削減のもと、設置作業やメンテナンス作業を任せられるため、設置やメンテナンスの方法もしっかりと学ばなければ仕事ができません。配送だけをイメージしていると大きなギャップがあるので注意が必要です。

営業もさせられる会社もあるので注意が必要

配送や設置、メンテナンスだけでなく、営業活動も軽貨物ドライバーに任せられるというウォーターサーバー業者もあるので、注意が必要です。あまりコミュニケーションが得意ではないドライバーにとってきつい仕事だと言えるでしょう。

ですが、コミュニケーションが苦にならないドライバーにとってはチャンスです!

実際、営業成績がよかった軽貨物ドライバーが、ドライバーから内勤に昇格したという事例もあります。 自分の努力でより一層高い収入を得られるチャンスだということもできるでしょう。

きついと言われるウォーターサーバー配達のメリットと注意点とは

きついと言われるウォーターサーバー配達のメリットと注意点についてご紹介していきましょう。 メリットとしては、以下の3点があげられます。

  1. 他のルート配送と比べて収入が高くなることが多い
  2. 配達だけでなくメンテナンスや営業の技術が身に付く
  3. 休みや休暇がしっかりとある会社が多い

注意点としては、以下の3点が上げられるでしょう。

  1. 体力がないとかなりきつい仕事
  2. 配達以外の業務が任せられることも多いので注意
  3. 長く続けていくのが難しい点

それぞれのメリットと注意点について詳しくご説明していきます。

ウォーターサーバー配達のメリット

ウォーターサーバー配達のメリットには「他のルート配送と比べて収入が高くなることが多い」ことや「配達だけでなくメンテナンスや営業の技術が身に付く」という点、「休みや休暇がしっかりとある会社が多い」ことです。

それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

他のルート配送と比べて収入が高くなることが多い

他のルート配送と比べてウォーターサーバーの配送のほうが収入面で高くなる傾向があります。平均して月4万円から6万円ほど、他のルート配送に比べて収入が高いことが多く、安定した収入をより高い水準で得られるでしょう。

重い水の配達という点だけでなく、配達業務以外の仕事を任せられることからこの収入になっていることもありますので、気をつけてください。

配達だけでなくメンテナンスや営業の技術が身に付く

配達だけでなく、ウォーターサーバーの設置やメンテナンスの技術が仕事を通して獲得することができます。研修もありますが、日々の業務でより技術を磨いていくことができるというのは良い点でしょう。

営業の仕事を任せられるウォーターサーバーの会社もあります。営業実績によってはより収入アップも可能。 さらに、営業職や内勤への昇進ということも実際ありました。ビジネスチャンスを広げられる可能性がある仕事だと言えるでしょう。

休みや長期休暇がしっかりとある会社が多い

他の配送業と比べて休みや長期休暇が取れる会社が多いです。土日休みや、日曜日と他の曜日のどこかが休みになる会社。 GW休暇や夏季休暇、年末年始の休暇や有給など、年間120日近く休みということも珍しくありません。

休みの日にしっかりと体を休めたり、リフレッシュしたりすることで、日々の業務を集中して行っていくことができるように考えている会社が多いのも印象的です。

ウォーターサーバー配達の注意点

ウォーターサーバー配達にはメリットもある一方で注意点もあります。「体力がないとかなりきつい仕事」である点や「配達以外の業務が任せられることも多いので注意」が必要な点、「長く続けていくのが難しい点」が注意点として指摘できることでしょう。

それぞれの注意点についてより詳しくご説明していきます

体力がないとかなりきつい仕事

体力がないとウォーターサーバー配送の仕事はかなりきつい仕事になります。1つのウォーターサーバーの水の重さが8kgや12kg、18kgということもあり、相当な力仕事が要求されるでしょう。

エレベーターなどがある現場への配達ならば少しは楽になりますが、階段しかない現場への配達も実際あります。とにかく体力に自信がないと務まらない仕事なので、気をつけてください。

配達以外の業務が任せられることも多いので注意
軽貨物ドライバーの仕事をしている人の中には、煩わしい人間関係やコミュニケーションが苦手という方も多いのではないでしょうか?

ウォーターサーバーの配送では、ルート配送なのでいつも顔合わせる方も多く、設置作業やメンテナンス作業もあるので、コミュニケーション能力が必須になります。

さらに、営業まで任されてしまうと尚更。 コミュニケーションが苦手な軽貨物ドライバーの方には合わない仕事の仕方になってしまいますので、ウォーターサーバー配送の仕事に就く際には気をつけてください。

長く続けていくのが難しい点

体力勝負であるウォーターサーバー配送の仕事。体力的な面から長い期間、ウォーターサーバー配送の仕事を続けていくことは難しいのが現実です。 歳を重ねてからの配送はより体への負担も大きいでしょう。

若くて体力のあるうちにしかできない仕事だということは覚悟しなければなりません。 在職中に営業技術を磨いておいたり、軽貨物配送の他の仕事への転職を考えたりしておくなど、次の仕事の準備を日々意識しながら仕事をしていかなければならないでしょう。

まとめ

きついと言われるウォーターサーバーの配送について、仕事内容を中心に、仕事をしていくメリットや注意点いついてご紹介していきました。

他のルート配送よりは収入面や休みが多くあるといった点でメリットはありますが、体力的な面や年齢面で長く続けていくことが難しい仕事でもあります。

自分が何歳までウォーターサーバーの配送ができるのかや、次の仕事へのスキルをどのようにして在職中に得ておくのかを考えながら仕事をしていくことが必要になるでしょう。

体力のある若いうちには、収入面で割りの良い仕事になりますので、若くて体力に自身のある軽貨物ドライバーにとっては、ビジネスチャンスなのではないでしょうか?

軽貨物ドライバーJP
軽貨物ドライバーJPは東京都を中心に埼玉、千葉、神奈川県全域で軽貨物運送事業、軽貨物運送オウンドメディアを運営しております。豊富な案件を取り扱っており、現在も老若男女問わず、多くのパートナードライバーさんが活躍してくれています。弊社は共に働くパートナーさんを第一に考える会社です。また随時、パートナードライバーさんを募集しています。気になることやご相談も小さなことでも構いません。まずはお気軽にお問い合わせください。軽貨物ドライバーJPの求人ページはこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。