• HOME
  • ブログ
  • コラム
  • 街中でよく見かける宅配ドライバー・デリバリースタッフ・バイク便の気になる仕事内容と収入事情とは

街中でよく見かける宅配ドライバー・デリバリースタッフ・バイク便の気になる仕事内容と収入事情とは

道路を走っていて、よく宅配ドライバーやデリバリースタッフ、バイク便の方を見かけることが多いなと感じる方も多いのではないでしょうか。

実際、お世話になったことがある方もいるかもしれませんが、意外と宅配ドライバーやデリバリースタッフ、バイク便の方の仕事内容や収入面の情報は知られていないのが現実です。

今回は宅配ドライバーだけでなく、デリバリースタッフやバイク便といった、街の中で見かけることが多いドライバー職の仕事内容と収入面についてご紹介していきましょう。

軽貨物ドライバーの仕事との比較や収入の比較などをしてみても良いのではないでしょうか。

宅配ドライバーだけでなくデリバリースタッフやバイク便の仕事内容とは

街中でよく見かける宅配ドライバーやデリバリースタッフ、バイク便の仕事内容についてそれぞれご紹介していきます。

仕事内容も運んでいく荷物も違いがありますので、仕事をするかどうか検討している方はそれぞれの仕事内容を比較しながらご覧ください。

宅配便ドライバーの仕事内容とは

原則30kg以下の重さの荷物を1個単位で運んでいく配送業を宅配呼んでいます。個人の方や会社など一般の消費者から企業まで幅広い依頼を中心に安さとスピードを売りにしている運送会社が多いです。

宅配ドライバーの主な仕事は荷物の配達と集荷になります。

集荷や配達を担当するエリアがドライバーごとに決まっていることが多く、依頼主から直接荷物を受け取り、届け先までしっかりと運んでいくことが主な業務内容!

インターネット通販やフリマアプリの流行によって、個人からの集荷・配送の依頼が多くなっているため、安定した仕事量があります。

宅配の仕事に向いている方は、普段から車の運転に慣れている方でしょう。軽バンや軽トラックには乗ったことがなくても、車に常時乗っている方の方が早く仕事になれますし有利だと言えます。

デリバリースタッフの仕事内容とは

一番イメージしやすいデリバリースタッフの仕事内容は、ピザの配達お寿司の出前といった飲食系の配達業務です。店舗から受け取った飲食物を安心かつ早く配達しなければなりません。

料理が冷めてしまったり、鮮度が落ちてしまったりしては元も子もないため、スピードが求められます。お客様との対面でのコミュニケーションや金銭の授受もあるため、社会人としてのマナーやお金の管理といった点を身につけて仕事を行わなければならないです。

社交的な人の方がデリバリースタッフに向いていると言えます。配達業務以外にも、店内での電話番やレジ打ちといった仕事を任されることもあるため、ドライバー業務以外の仕事も多いのが特徴的でしょう。

ドライバー業務の仕事も苦にせず働ける方におすすめのドライバー職です。

バイク便の仕事内容とは

バイク便は主に首都圏や大都市圏での業務が多く、オートバイを使った配送業務になります。

道路事情の影響を受けにくいバイク便への依頼には、緊急性の高い依頼やUSBやCD-ROMといった小さな荷物や壊れやすいものも多く、配達速度を高めながら安全に配送していくスキルも求められているのが現状です。

速達だけでなく、定期便を請け負っているバイク便会社も多く、仕事量は多いでしょう。依頼主の近くにいるバイク便ドライバーに声がかかることも多いため、フットワークの軽い方におすすめの配達事業です。

配達距離が短い分、案件をこなしていかなければなりません。依頼主には出版社やマスコミ、制作会社などが多い傾向にあります。

バイク便の仕事に向いている方は普通二輪以上のバイクをスムーズに運転できるというスキルは必須です。

時間に追われる仕事や急ぎの仕事も多いため、時間にシビアでかつ冷静に行動できる力も求められます。

首都圏や大規模都市での仕事がほとんどですので、こういった地域の道路にあかるい方や住んでいる方が向いている仕事でしょう。

宅配ドライバーだけでなくデリバリースタッフやバイク便の気になる平均収入について

三者三様の仕事内容ですが、一番気になるのはお金の話なのではないでしょうか。

宅配ドライバーやデリバリースタッフ、バイク便の仕事の平均収入について、具体的な数字でご紹介していきましょう。

宅配便ドライバーの気になる平均収入はどのくらい?

宅配ドライバーの平均的な月給は20万円から30万円ほどです。年収に直して考えて行くと、240万円から360万円ほどになります。

上記の金額に、深夜勤務手当や残業代などが足されることもあり、無事故手当や職務手当、精勤手当といった各種手当てが出される会社もありますので、募集要項や面接の際に確認することをおすすめしたいです。

いわゆるボーナスにあたるものが出ることはあまりない点には、気をつけなければなりません。

宅配ドライバーでより稼いでいくためには、運行管理者試験に合格してより上の管理職になるか、独立開業して、個人事業主として軽貨物ドライバーになるという選択肢もあるでしょう。

デリバリースタッフの気になる平均収入はどのくらい?

デリバリースタッフの多くは契約社員やアルバイトなので、時給950円前後で働いている方が多いです。1日8時間働いたとして、日給は7,600円。

月22日間働いた場合には約168,000円ほど稼ぐことができます。年収に直すと、200万円前後なので他のドライバー職と比べると大幅に低い給料となってしまうでしょう。

実際には、デリバリースタッフだけの業務の時間は仕事時間中の3割ほどにも満たないことも多く、配達以外の業務の仕事をしたお金も含まれた金額だと考えてください。

デリバリースタッフの仕事でもピザの配達のように繁盛期であるクリスマスには売り上げが大きく上がった場合にボーナスが出ることもあるようです。

よりデリバリースタッフで稼いでいくためには、注文量を増やす努力が必要になります。自分の担当地域へ勤務する店舗の商品のビラまきを行うなど、積極的な行動が求められるためハードルが高いです。

配達業務の効率を上げ、より多くのデリバリー担当になれるよう努力することで、時給を上げている方も多くいます。

バイク便の気になる平均収入はどのくらい?

バイク便は固定給制のところもあれば、歩合制のところもあるため、バイク便ドライバー全体で一定の賃金体系になっていることは少ないです。目安として360万円ほどの平均年収だと言われています。

バイク便も宅配ドライバー同様、深夜勤務手当や残業代なども支払われ、無事故手当や職務手当、精勤手当といった各種手当てが出る会社もありますので確認されることをおすすめしたいです。

ボーナスについても出ることはすくないため、期待しない方が良いでしょう。よりバイク便で稼いでいくためには、都心部の配達地域の仕事を早朝から深夜までびっちり行うことのがよいですが、体力的に厳しいため、妥協せざるおえないところがあるのが現状です。

まとめ:「宅配ドライバーだけでなくデリバリースタッフやバイク便の仕事で高収入は難しい」

宅配ドライバーやデリバリースタッフ、バイク便の仕事内容や収入面のことについてご紹介していきました。現実的に、宅配ドライバーやデリバリースタッフ、バイク便での仕事では高収入がなかなかみこめません。

ドライバー業の最初の一歩として、宅配ドライバーやデリバリースタッフ、バイク便での仕事を選ぶ方は多いですし、副業として選ばれるのはありだと思いますが、専業となるとなかなか稼げないでしょう。

その点軽貨物ドライバーの仕事は自分の努力次第で高収入が見込める仕事です。より高額を稼いでいきたいと考えている方には、宅配ドライバーやデリバリースタッフ、バイク便の仕事よりも軽貨物ドライバーの仕事をおすすめします。

軽貨物ドライバーJP
軽貨物ドライバーJPは東京都を中心に埼玉、千葉、神奈川県全域で軽貨物運送事業、軽貨物運送オウンドメディアを運営しております。豊富な案件を取り扱っており、現在も老若男女問わず、多くのパートナードライバーさんが活躍してくれています。弊社は共に働くパートナーさんを第一に考える会社です。また随時、パートナードライバーさんを募集しています。気になることやご相談も小さなことでも構いません。まずはお気軽にお問い合わせください。軽貨物ドライバーJPの求人ページはこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。