軽貨物ドライバーの仕事にはどんなリスクがあるのか?

どんな仕事にもリスクは存在します。軽貨物ドライバーの仕事も例外ではありません。

では、どのようなリスクが軽貨物ドライバーの仕事にはあるのでしょうか?

今回は軽貨物ドライバーの仕事にある潜在的なリスクについてご紹介していきましょう。

軽貨物ドライバーの仕事のリスクその1:突然の契約解除

軽貨物ドライバーの仕事のリスクの1つとして、突然の契約解除というものがあります。

委託先の事情で、事前に通告もなくいきなりというケースもありますので、気をつけなければなりません。

どのような契約解除のバターンがあるのでしょうか?

また、契約解除のリスク対策をとることで軽貨物ドライバーの仕事を続けていけるのかについてもご紹介していきましょう。

突然の契約解除のパターンを知っておきましょう

突然、契約解除となってしまうとどうしたらよいのか悩んでしまったり、パニックになってしまったりする方もいるでしょう。ですが、契約解除には様々な理由があります。

理由のパターンをある程度知っておくことで、心理的にも楽になるのではないでしょうか?

突然の契約解除の理由についてご紹介していきましょう。

委託先の経営不振

荷物の委託先の経営不振によって、契約を突然終了というケースが非常に多いです。経営不振による事業の縮小によりドライバーの数や集配地域の限定化という対策を取る過程で、契約を解除しようという決断になることが多いでしょう。

相手の経営不振ですので、自分には非がない事例だと言えます。経営不振を理由に契約を解除された際は、あまり落ち込まずに、そういうこともあるよな程度で済ませて前向きに進むことが重要です。

委託先の経営方針の変更

委託先の経営方針で、外注を多くしたり少なくしたり、はたまた外注先そのものを変更してくるというケースもあります。

集配地域の変更やどこを重点的に配達していくかなど、経営方針や経営戦略によって、契約が解除されるというケースもあるので覚えておきましょう。

委託先も会社ですので、経営方針や経営戦略は日々変わります。経営方針や経営戦略が変わることでも契約を突然切られてしまうことがあることも頭に入れておいてください。

個人事業主である軽貨物ドライバーゆえの理由

軽貨物ドライバーは個人事業主です。来ていた仕事が突然来なくなるということは往々にしてあります。自分よりも委託費用が少ない軽貨物ドライバーが出てくれば、依頼主はそちらに依頼してしまうかもしれません。

人間ですから、依頼主にも人の好き嫌いもあるでしょう。合う合わないといった相性の問題もあります。個人事業主の仕事は仕事相手を選べる反面、仕事相手にも同じことが言えるでしょう。

人間的な相性や事情で突然終了ということもありますので、後悔しないためにも日頃から社会人として最低限度のビジネスマナーを心がけることが重要です。心がけていても契約終了となってしまった時はもう仕方ないと割り切ることも必要でしょう。

突然の契約解除というリスクをあらかじめ予期して軽貨物ドライバーの仕事をしよう

どんなに頑張って仕事をしていても、こちらに落ち度がなくても突然の契約終了という事態を完全に避けるのは難しいです。

軽貨物ドライバーの方で事前にできる突然の契約解除というリスクの対策についても、ご説明していきましょう。

仕事量のある相手と仕事をする

仕事量を持っている依頼先と仕事をするということも対策として必要でしょう。インターネット通販大手との取引がある委託先ですと、常に軽貨物ドライバーを探しているというところもあります。

仕事量がある相手と仕事をしていけば、委託先の経営不振といったリスクを避けることができるでしょう。

複数の依頼主と仕事をする

1つの委託先だけでなく、複数の依頼主と仕事をしていくということでもリスク管理になるでしょう。定期で請け負わず、スポットなどで請け負うことも選択肢に入れて、細く長く付き合いを続けていく依頼主も必要です。

もしも何かあったときに、細く長く続いていた依頼主が太く長くという形に変わる可能性もあります。ですので、ある程度複数の依頼主と仕事をしておくことで、仕事がゼロというリスクを減らすことができるでしょう。

軽貨物ドライバーとしての能力を高める

委託契約を突然打ち切られないよう、自分の軽貨物ドライバーとしての能力を高めるということも有効な対策です。

1日の配送量の多さやトラブルのなさといった軽貨物ドライバーとしての能力を高めておくことで、委託先の方の需要を満たすことも大切でしょう。

能力をしっかり高めておくことで、委託先が手放したくない仕事のできる軽貨物ドライバーになることが対策になります。

軽貨物ドライバーの仕事のリスクその2:悪徳な業者と契約してしまった

軽貨物ドライバーの委託先として悪徳な業者が入り込んでいるという現実もあります。悪徳な業者の手口や対策についてもご紹介していきましょう。

しっかりと悪徳な業者の手口を知って、対策をこうじていくことで、より安全にかつ安定して軽貨物ドライバーの仕事を確保していくことが重要です。

悪徳な業者のパターンや手口

悪徳な業者のパターンや手口についてご紹介していきます。しっかりと頭に入れて悪徳業者に気をつけて仕事をしていきましょう。

仕事量が異常

いざ契約したもののなかなか仕事が回ってこなかったり、逆にさばき切れないほどの仕事を回されたりするといったことが挙げられます。

仕事量を調節できない委託先は継続して仕事をしていく相手としては難しいでしょう。安定して仕事をしていきたい場合、仕事量が異常である委託先にも気をつけなければなりません。

しかし、仕事量が異常なのは、悪徳な業者としてはまだマシな方でもあります。

高額な契約金を要求される

委託契約の際、高額な契約金を請求してくる悪徳業者も存在しています。軽貨物ドライバーの懐事情を見透かしてくるような悪質なパターンでしょう。

契約金だけでなく、ロイヤリティの規約もチェックすることが重要です。多くの仕事をしても手に入るお金が少なくなってしまっては、長く仕事を続けるのは難しいです。

車のローンを無理矢理組まされる

委託先から車を借りるということもあるでしょう。その際に気をつけないといけないことは、ローンの条項です。毎月どのくらい返却しないといけないのかといった金額を必ずチェックしましょう。

より悪質な業者ですと、高圧的な態度で無理矢理車のリース契約を結ぼうとしてくる場合もあります。気をつけてください。

悪徳業者というリスクを知って軽貨物ドライバーの仕事をしよう

悪徳業者というリスクをしっかりと認識しておく必要があります。約の際には契約書の内容や契約金の有無、ロイヤリティの金額などをしっかりと確認してください。

高額な収入をうたうところも注意が必要です。現実的な金額の委託先が素敵な仕事相手であることはよくある話。

あまりにもひどい悪徳業者だなと思ったら無理して契約しないで下さい。軽貨物ドライバーの仕事は需要も高いですので、無理して悪徳業者と契約する必要はありません。

軽貨物ドライバーの仕事は仕事相手を選べるということもしっかりと意識しておきましょう。委託先と対等な立場であるという考え方を持つべきです。

まとめ

軽貨物ドライバーの仕事に潜在的にあるリスクについてご紹介していきました。突然の契約終了に動揺する気持ちや収入欲しさに仕事を早くほしいという気持ちはとてもよく分かります。

ですが、ことを急ぐあまり、とんでもないリスクを背負うことになってしまったということは避けなければなりません。軽貨物ドライバーの仕事は多く、需要もあるんだという気持ちで仕事をしていくことが大切です。

冷静に、契約書など重要な書類には目を通すようにしましょう。怪しい悪徳業者はちゃんと断ることも重要です。リスクを見極めて軽貨物ドライバーの仕事をしていきましょう。

軽貨物ドライバーJP
軽貨物ドライバーJPは東京都を中心に埼玉、千葉、神奈川県全域で軽貨物運送事業、軽貨物運送オウンドメディアを運営しております。豊富な案件を取り扱っており、現在も老若男女問わず、多くのパートナードライバーさんが活躍してくれています。弊社は共に働くパートナーさんを第一に考える会社です。また随時、パートナードライバーさんを募集しています。気になることやご相談も小さなことでも構いません。まずはお気軽にお問い合わせください。軽貨物ドライバーJPの求人ページはこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。