軽貨物配送で目指す!年収1000万円を手にするメソッドとは

「年収1000万円手に入れて毎年海外旅行したい」「年収1000万円稼いでマイホームを買いたい」

年収1000万円は、多くの働いている人が夢見る収入でしょう。軽貨物ドライバーの仕事をしていくことで、年収1000万円を手に入れるということも夢ではありません。

ですが、様々な前提条件や方法を取り入れていかないと、軽貨物配送だけでは難しいというのも現実です。今回は軽貨物ドライバーが年収1000万円を手にする方法について、具体的にご紹介していきます。

軽貨物配送で年収1000万円を目指す具体的な方法

簡単に年収1000万円に到達することはできません。ですが、今回ご紹介する方法を地道に毎日続けていくことで、年収1000万円に近いていくことができるでしょう。

軽貨物配送で軽貨物ドライバーが年収1000万円を稼ぐ具体的な方法についてご紹介していきます。

軽貨物配送で年収1000万円稼ぐための前提条件について

軽貨物配送で年収1000万円を稼ぐことは難しいです。まず、以下のような前提条件が必要になってきますので気をつけてください。

前提条件その1 「都心部の配送であること」

都心部の配送でないと、年収1000万円を得るのは難しいです。仕事量や荷物量も地方だと少ないため、年収1000万円には届かないでしょう。

軽貨物配送で年収1000万円を目指すためには、都心部の配達を請け負うことが重要になります。

前提条件その2 「それなりの配達スキルが必要」

一人前の軽貨物ドライバーとして収入を現在得られていることが最低条件です。十分生活できるだけの収入を得ている軽貨物ドライバーは、配達スキルがあり、配送量も高い水準でキープしていることでしょう。

最低限のスキル以上のものを軽貨物ドライバーとして持っていることが、年収1000万円を目指していく上での必須条件になりますので気をつけてください。

前提条件その3 「心身ともに健康で荷主と良好な関係が保てていること」

心身ともに健康でないと、年収1000万円稼いでいくことは難しいです。健康あっての軽貨物配送の仕事であるということは忘れないでください。

心身ともに健康であることによって、荷主の方とも心理的負担なくコミュニケーションが取れるということも稼いでいく上では重要なスキルになるでしょう。

単価の高い荷物は何かしらの信頼がドライバーにないと託せません。人として信頼を得るためにはコミュニケーションは必須です。心に余裕を持ちながら、荷主とコミュニケーションをとるために心身の健康も重要でしょう。

スポット便とチャーター便を24時間体制で引き受ける

スポット便とチャーター便を24時間体制で引き受けていくという方法があります。スポット便で、しっかりと稼働時間と料金を決めて働くことが基本です。

稼働時間が決まっているということは、空いている時間で他の荷主の荷物を運ぶことも可能でしょう。基本的な賃金をスポット便でしっかりと確保しつつ、空いている時間で、チャーター便の案件を入れていくなどしていくことで、収入は増えていきます。

荷主も緊急性の高い荷物をチャーター便として送りたいことが多く、連絡がつくドライバーを確保しておきたいという事情があるのはご存知でしょうか?

いつでも24時間連絡がすぐつき、急なチャーター便を快く引き受けてくれる軽貨物ドライバーが重宝されます。心身ともに健康でないと受けられない方法ですが、配達距離に応じて単価も高くなるので、年収1000万円を目指していく上でおすすめの働き方です。

スポット便でしっかりと一定の金額を稼働時間内の軽貨物配送で稼いでおいて、空いている時間をチャーター便などの軽貨物配送で稼いでいくことが、年収1000万円に近づいていく方法になります。

個建の軽貨物配送で短時間に集中して稼ぐ

1件の配達あたりに対して報酬が出される「個建」を短期間に集中していくことで、収入を上げていくという方法が可能です。個建には、配達できなければ報酬が減額されるというデメリットもありますが、ネット通販全盛であるため軽貨物配送として個建の宅配案件も都心部には多くあります。

再配達や配達ルートをしっかりと計算できるスキルある軽貨物ドライバーにとって、個建の案件を多く請け負うのは収入アップの期待が高まっていくため、おすすめです。

個建の案件を多く請負、短時間で集中して軽貨物配送を行うことで収入アップにつながります。

年収1000万円を掲げる軽貨物配送の求人案件に応募する

インターネット検索で、「1000万円 軽貨物」で調べると、大手の求人サイトが出てくることもあります。この大手の求人サイトに出てくる軽貨物配送で年収1000万円という案件に応募してみるという方法も良いでしょう。

大手の求人サイトに出ている案件ですから、年収1000万円を手に入れることができる信憑性も高いため人気です。すぐに求人が終了してしまっているということも多いのが現実。

最初から年収1000万円を得られる求人に応募するという方法もあるということは、あまり知られていません。

ですが、仕事内容については求められる能力も多く、軽貨物配送のスキルは高いレベルが要求されます。気をつけてください。しっかりとスキルがある方にとっては、大チャンスですので、積極的に応募していくことをおすすめしたいです。

軽貨物ドライバーが軽貨物配送以外で年収1000万円を目指す方法について

軽貨物配送以外の方法で、年収1000万円を手に入れている軽貨物ドライバーもいます。具体的にどのような方法で年収1000万円に近づいているのかご紹介していきましょう。

自分も軽貨物配送しながら人を雇って事業を拡大させていく

どのような手段で、軽貨物配送以外の方法で軽貨物ドライバーが年収1000万円を手に入れているのでしょうか?

自分も軽貨物ドライバーの仕事をしながら、人を雇って事業を拡大していくという方法をとることで、年収1000万円を手にしている方もいるのが現実です。軽貨物ドライバーは個人事業主ですので、1人で仕事をしても良いですし、自分が経営者となって人を雇っていくこともできます。

自分自身でも軽貨物ドライバーとして働きつつ、人を雇ってさらに多くの荷物を配達していくことで、利益を上げて年収1000万円を手にしている人も。

経営者になると、軽貨物ドライバーとしてのスキル以外に、社会人としてのコミュニケーション能力や人材管理能力など他の能力も必要になっていくでしょう。

対人スキルを高めていくことで経営者となり、年収1000万円を手にするという方法も軽貨物ドライバーの選択肢であるということも覚えておくとよいでしょう!

経費を削減する

日々の軽貨物配送の経費を削減していくことで、年収を上げている人も多いです。軽貨物ドライバーの収入は、「売上―経費」ですので、経費を下げることで日々の収入が上がります。

青色申告をしていくなど、個人事業主である利点を活用しながら、経費削減に勤めていくことも重要です。燃料代と食費が経費に占める割合が多いですので、軽貨物配送経路設計の見直しやお弁当を自分で毎日作るなど、経費を見直すのも有効でしょう。

まとめ

年収1000万円は誰でも夢の手取り額なのではないでしょうか?

様々な前提条件はどうしてもありますが、クリアしている軽貨物ドライバーにとっては年収1000万円が狙えるチャンスだとも言えます。効率よく、かつ、健康を害さない程度に様々な仕事の形態で数多く請負ったり、経費削減に尽力したり。

さらに、経営者となって人を雇うことで年収1000万円を目指していくことも可能です。直接的に軽貨物配送を行うだけでなく、軽貨物配送業という大きな視点で仕事を考えていくことで年収を増やしていくこともできるという点は魅力的でしょう。

自分の働き方や仕事への考え方、プライベートの時間の過ごし方なども考慮に入れながら、夢の年収1000万円に挑戦してみてはいかがでしょうか。

軽貨物ドライバーJP
軽貨物ドライバーJPは東京都を中心に埼玉、千葉、神奈川県全域で軽貨物運送事業、軽貨物運送オウンドメディアを運営しております。豊富な案件を取り扱っており、現在も老若男女問わず、多くのパートナードライバーさんが活躍してくれています。弊社は共に働くパートナーさんを第一に考える会社です。また随時、パートナードライバーさんを募集しています。気になることやご相談も小さなことでも構いません。まずはお気軽にお問い合わせください。軽貨物ドライバーJPの求人ページはこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。