割高報酬が魅力的!だけれども・・・軽貨物でのチャーター便の実情とは

軽貨物ドライバーの収入を増やしていく上で、チャーター便をどのように上手く引き受けていけるかということが、よく話題になります。

チャーター便は急な軽貨物輸送の依頼になるので、割高な賃金がもらえることも多く、、身入りの良い案件だと言えるでしょう。

ですが、待機という時間があったり、時間厳守や時間拘束が長いこともあったりで、チャーター便だけで生計を立てることだけ考えずに、日々の軽貨物運送の業務とどのようにバランスをとっていくのかも軽貨物ドライバーの悩みの種でもあります。

今回は収入を増やしていく上でも重要な依頼となるチャーター便について、詳しくご紹介していきましょう。

軽貨物ドライバーに依頼が来るチャーター便とは

軽貨物ドライバーに依頼が来るチャーター便とはどのようなものなのでしょうか。軽貨物ドライバーに依頼されるチャーター便の仕事内容や様々な事情、特徴、はたまたお金の話まで、詳しくご紹介していきましょう。

チャーター便の仕事内容について

チャーター便とは、荷主と専属契約を結び、ある地点からある地点まで、荷物を運んでいく輸送のこと

ほとんどのチャーター便が単発での依頼で、時間厳守であることが多く、移動距離も様々ですが、100km前後が多いのが現状です。突発的な依頼も多く、チャーター便専属で安定した収入を毎月あげるのは至難の技だと言われています。

荷主に指定される荷物到着時間も24時間まちまちであるため、フットワークが軽い方がとても重宝されているのが現実です。

ですが、高単価の案件も多く、軽貨物ドライバーの中には普段の業務とは別にチャーター便も請け負うことで高収入を得ている方もいます。

軽貨物チャーター便を依頼する様々な事情

チャーター便を頼む荷主の側にも様々な事情があります。まとまった荷物を時間通りに届けたい場合や、配送事故などのリスクを大幅に抑えて運びたい場合。

ある企業の事業所から事業所までの荷物をいくつか定時で緊急に送りたい場合など。荷主の仕事の事情で、緊急に運ばなければならない荷物ができてしまうこともあるでしょう。

そうした突発的な配送を頼みたい荷主にとって、チャーター便は大変重宝される運送方法として、選ばれています。

軽貨物ドライバーに依頼が来るチャーター便の特徴とは

軽貨物ドライバーに依頼が来るチャーター便には、「前日に予約が入る場合と当日に依頼がくる場合」「チャーター便専属で働く場合に待機という時間感覚が必要になる」という点、「チャーター便専属で働く場合に待機という時間感覚が必要になる」こと、「往復で運送を依頼されるケースも多い」という特徴があります。

それぞれの特徴について、ご紹介していきましょう。

前日に予約が入る場合と当日に依頼がくる場合がある

前日までに予約が入るチャーター便と、当日に依頼が急遽くるチャーター依頼とがあります。ですので、安定して依頼が来るという形にはならず、突発的に仕事が増えていくというイメージで働いていくほうが良いでしょう。

チャーター便専属で働く場合に待機という時間感覚が必要になる

チャーター便専属で働く場合には、仕事の依頼がない日にも当日に依頼が来るため、家でいつでも突発的な仕事が受けられるよう、待機しておかなければなりません。

すぐに車に乗れるよう、仕事着を身につけて、家で待機するようにするという準備が日々求められます。当日に依頼される突発的な仕事も取りこぼさずお金に変えていくことが重要です。

往復で運送を依頼されるケースも多い

チャーター便で依頼される場合には、行きだけの依頼だけでなく帰りの依頼も一緒に打診されることも多いです。往復で運送することで、2倍お金も発生することになりますので、より収入を増やしていくことができるでしょう。

往復の依頼がない場合でも、帰りの便で輸送できる案件がないか探しておくこともチャーター便を受ける際に必要な準備です。

チャーター便のお金の話

チャーター便の仕事内容や特徴についてご紹介していきましたが、ここからはより関心の高い、お金の話について、ご紹介していきましょう。

チャーター便で仕事を請け負っていく際に気をつけなければならないお金の話には、大きく分けて以下の3つほどあげられます。

  1. チャーター便は距離に応じて報酬が変わることが基本
  2. チャーター便は割高な報酬なことが多い
  3. チャーター便だけでなく普段の軽貨物運送業と組み合わせて収入アップ!

上記、3点について詳しくご説明していきます。

チャーター便は距離に応じて報酬が変わることが基本

チャーター便は特定の距離までの金額が決まっており、それ距離以上を運ぶ際に、超過分の距離に対してさらに賃金が上乗せされていく形が一般的です。

例えば、搬送距離20kmまで税込価格5,000円、20km以上からは1kmにつき追加で200円、さらに、51km以上からは1km追加につき150円上乗せといった具合になります。

距離が長くなるほど、追加料金が安くなるという契約も多いため気をつけてください。

チャーター便は割高な報酬なことが多い

チャーター便は輸送距離も一般的な軽貨物運送よりも長いため、割高な報酬を得ることができます。さらに、荷主の急な都合に合わせるということで、報酬もより高く設定してもらえることも多いのが現実です。

チャーター便をうまく引き受けていくと、それだけで、割高な賃金の臨時収入になりますので、おいしい案件だと考える軽貨物ドライバーも多くいます。

チャーター便だけでなく普段の軽貨物運送業と組み合わせて収入アップ!

いついつにどこまで運ぶのかが急に決まるのがチャーター便の特徴ですので、安定した収入をチャーター便だけの軽貨物輸送で稼ぐのは至難の技です。

平日の日中はルートを回る軽貨物輸送を安定的に請負、夜や週末にチャーター便を不定期で受けて収入を増やしている軽貨物ドライバーが多く、収入を増やすことに成功しています。

他の軽貨物運送の仕事とうまくバランスを保つことで、より確実に収入を得て、さらに増やしていくことが可能でしょう。

チャーター便で軽貨物を請け負うメリットと注意点について

 

軽貨物チャーター便を請け負う際のメリットと注意点についてご紹介していきましょう。しっかりとメリットと注意点を頭に入れながら、軽貨物チャーター便を引き受けていくことが重要です。

軽貨物チャーター便を請け負うメリットとは

最大のメリットは割高な報酬でしょう。通常の単価よりも高いですので、見入りのよい依頼だと言えます。

さらに、荷主に評価された場合、定期的にチャーター便を依頼されるということも多いです。一期一会が多いのがチャーター便ですが、1回1回の仕事を丁寧にしていくことが重要でしょう。

チャーター便を請け負う際の注意点とは

チャーター便を請け負う際の最大の注意点は、時間に厳しい案件が多いということです。普段走り慣れている場所なら、所要時間の計算も楽に正確にできる軽貨物ドライバーも多いですが、走り慣れていない場所に荷物を運ぶというケースも多くあります。

未知の道でも、しっかりと時間計算ができるというドライバーとしてのセンスもチャーター便には求められますので、カーナビや道路状況を確認できる機材や準備をしておくようにしてください。

また長距離での移送も多いため、運転時間も長くなります。体力勝負になるところもあるのが現実ですので、くれぐれも長時間の運転でも安全に運転できるだけの体力も身につけておくようにしてください。

今流行のギグエコノミーもチャーター便の1つ

今流行のギグエコノミーもあらたなチャーター便の1つとして認識されるようになってきています。

運送会社指定のバックとアプリやインターネットを通して急な案件を依頼主の近くにいるドライバーに請け負わせることで、荷物を運んでいくという運送の形の需要が日々高まっているのが現状です

UberやAmazonといった外資系の企業が参入してきており、ニュースでも話題になることが日々多くなってきています。時代の流れにうまく乗って稼いでいくという考え方も、今後チャーター便を請け負う軽貨物ドライバーに求められていくでしょう。

まとめ

軽貨物ドライバーとして収入を増やしていくために重要なチャーター便について、ご紹介していきました。上手くチャーター便を請け負っていくことで、より収入アップにつなげていくことも可能です。

メリットだけでなく、注意点もチャーター便にはありますが、おのおのの目標収入やライフスタイルに合わせて、上手くチャーター便の依頼を受けていくことも重要なのでしょう。

Uberといった新しいチャーター便の形も生まれてきていますので、より業界が発展していく可能性もあります。

今後の軽貨物輸送各社の動向やニュースに注視するようにしていくことも、年収アップを目指す軽貨物ドライバーに求められる時代になるのではないでしょうか。

軽貨物ドライバーJP
軽貨物ドライバーJPは東京都を中心に埼玉、千葉、神奈川県全域で軽貨物運送事業、軽貨物運送オウンドメディアを運営しております。豊富な案件を取り扱っており、現在も老若男女問わず、多くのパートナードライバーさんが活躍してくれています。弊社は共に働くパートナーさんを第一に考える会社です。また随時、パートナードライバーさんを募集しています。気になることやご相談も小さなことでも構いません。まずはお気軽にお問い合わせください。軽貨物ドライバーJPの求人ページはこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。