不況の今も仕事量は増加傾向!軽貨物ドライバーの働き方とは

自分の力で働けば働けるほど稼げる軽貨物ドライバーの仕事に今、注目が集まっています。インターネット通販の利用が当たり前となった今、軽貨物の輸送量が激増しており、軽貨物ドライバーが足りないという現象が起きているのが現実です。

今の仕事よりも稼げるチャンスがあると軽貨物ドライバーの仕事に転職を考えている方も年々多くなってきています。ですが、軽貨物ドライバーの仕事とはどのような働き方になるのかイメージできていないという方も多いでのはないでしょうか。

今回は軽貨物ドライバーの働き方とはどのような形になるのかについて、メリットやデメリットも踏まえながらご紹介していきます。

軽貨物ドライバーの仕事とは?

軽貨物ドライバーは個人事業主として、業務委託という形で働いていきます

ですが、会社員から軽貨物ドライバーに転職してきたり、新卒で軽貨物ドライバーの仕事を始めたりする方にとっては、業務委託という形はなかなか正体が分からない働き方なのではないでしょうか?

軽貨物ドライバーの業務委託についてやフランチャイズ契約との違いについてご紹介していきましょう。さらに、個人事業主として働いていくメリットやデメリットについてもご説明していくことで、より軽貨物ドライバーの仕事をイメージしてもらえたら嬉しいです。

軽貨物ドライバーの業務委託とは?

軽貨物ドライバーの業務委託とは、企業と個人的に業務委託契約を結んで働いていく仕事の仕方になります。

自らが個人事業主として仕事を請けて行なっていく形になる点が、会社員とは大きく異なる点なのではないでしょうか?

ですので、仕事をもらうためには自分で営業をしたり、契約書へのサインをしたりしなければなりません。自分の裁量や責任で仕事を得て、稼いでいるのが軽貨物ドライバーです。

基本的に業務委託をする側と請ける側とでは対等な関係で仕事をしていくことが求められています。

業務委託には「請負」「委任」という2つの契約方法があります。「請負」と「委任」について、ご説明していきましょう。

トラブル防止の観点からも、「請負」と「委任」の違いをしっかりと理解しておく必要があります。

請負という業務委託について
請負とは、仕事の成果に応じて報酬が支払われていく業務委託の形

成果を出さなければ報酬は得られませんが、逆に成果を出せば報酬が上がっていく契約になるため、自分の仕事に自信がある場合にはより高額な収入を得ることが可能です。

委任という業務委託について
委任とは、成果に関係なく依頼に対して支払われる業務委託の形

労力に対して報酬を払っていると言われることが多いのが委任で、リスクを避けて報酬を得たいという方や、事業を始めたばかりで実績も仕事の内容もまだまだという方には嬉しい契約の仕方だと言えるでしょう。

ですが、労力に対しての報酬が委任ですので、どれだけ結果や成果を残しても金額は一定であるため、高額な収入は期待できません。請負と委任のどちらの働きが今の自分に合っているのかを考えながら、契約を結んでいく必要があるでしょう。

混同しやすい業務委託とフランチャイズとの違いとは?

実は軽貨物ドライバーが働いていく業務委託という仕事のスタイルとフランチャイズという仕事のスタイルは混同されることも多いのではないでしょうか?

業務委託については、先ほどの見出しで述べたとおりです。フランチャイズとは、親企業から商標を借りることで加盟店となり仕事をしていくというスタイルのことです。

親会社に対して、規定のロイヤリティーやフランチャイズ加盟料を払うことになります。親会社のネームバリューを生かして働いていくことになるため、業務委託と比べて信用は高いです。

ただ、親会社の名前を背負っている以上、親会社のブランドイメージを傷つけるような働き方をしてしまった場合、契約解除ということも多いので注意が必要になります。

業務委託で働く方が自分に合っているのか、フランチャイズで働く方が自分に合っているのかを考えてから、仕事を始めていくという方も多いです。

軽貨物ドライバーもあてはまる個人事業主とは?

軽貨物ドライバーの多くは個人事業主として自己責任で仕事をしていく方が多いです。ですが、軽貨物ドライバーの仕事を始めたばかりだったり、会社員から転職していったりした場合に個人事業主という働き方があまりイメージできないという方もいます。

軽貨物ドライバーの多くが該当する個人事業主について、ご説明していきましょう。

個人事業主とは

個人事業主とは、個人で事業を始めている方のことです。1人でも個人事業主になりますし、誰かを雇った場合でも個人事業主という形で働くこともできます。

税務署に個人事業主として開業届を出すことで事業を始めていくことが可能です。個人事業主として働いていく上で、どのようなメリット・デメリットがあるのかについてご紹介していきましょう。

個人事業主のメリットとは?

個人事業主の最大のメリットは、自分の裁量で働いていくことが可能な点です。休みや就業時間、誰と一緒に仕事をするのか、どんな仕事をしていくのか、どの企業の仕事を請けるのかなど、全て自分で決めていかなければなりません。

一緒に仕事をしたくない人と働かなくても良いですし、請けたくない仕事は請ける必要ないです。自分の裁量で好きなように働いていくことができるという点が個人事業主の最大のメリットでしょう。

個人事業主のデメリットとは?

個人事業主のデメリットは全て自分で行わなければならない点です。税務署への確定申告や健康保険の支払いだけでなく、仕事の契約やトラブル対応など、すべて自分の責任で行なっていかなければなりません。

様々な手続きに関しても自分で行わなければならないため、業務の範囲は非常に広くなるでしょう。

ですが、逆を言えば全ての仕事を自分で行なっていくことで、様々な事務能力も身につけられるというメリットもあるとも言い換えることができるのではないでしょうか?

会社や企業では難しいスピーディーな仕事もできるため、デメリットでもありメリットでもあると言えます。

業務委託の軽貨物ドライバーのメリットとデメリットとは

軽貨物ドライバーの業務内容にそった例で、業務委託で働いていく軽貨物ドライバーの働き方のメリットとデメリットについてご紹介していきましょう。

メリット・デメリット双方をしっかりと理解した上で、軽貨物ドライバーの仕事を行なっていくことが重要になります。

業務委託の軽貨物ドライバーのメリットとは?

業務委託の軽貨物ドライバーのメリットは自分一人で淡々と仕事を行なっていくことができる点でしょう。業務委託先との交渉や配達など、自分一人で行なっていくことができます。

嫌な人と一緒に働く必要もありませんし、嫌な委託先の仕事を請ける必要もありません。細かく契約を煮詰めていくことで、働きたくない時間帯や曜日に働かなくてもよいという形にしていくことも可能でしょう。

とにかく、自分一人で日々の配達業務を行なっていくことができるのは最大のメリットです。

業務委託の軽貨物ドライバーのデメリットとは?

業務委託での軽貨物ドライバーのデメリットは、何か委託先や配達先とのトラブル、破損や紛失といったトラブルがあった場合に自分で解決していかなくてはなりません。

搬送中の事故に対する保険や荷物に対しての保険をかけている軽貨物ドライバーもいるほどです。保険料も自費負担になってしまうのもデメリットでしょう。

トラブルになった場合に後ろ盾もなく、一人で対応しなければならない点が最大のデメリットだと言えるのではないでしょうか?

まとめ

インターネット通販の利用が当たり前となった現在だけでなく、国際的な感染症の流行時にライフラインを支える仕事として、注目が集まっているのが軽貨物ドライバーです。

軽貨物の輸送量は多いですが、軽貨物ドライバーが足りていないという業界の問題もあります。仕事量もあるため、仕事としての魅力もより一層増しているのが軽貨物ドライバー業界の現状です。

成果報酬という形も多いため、今の仕事よりも多くの収入を得ることも可能なのも魅力でしょう。個人事業主として自分の裁量で働いていける軽貨物ドライバーの仕事の仕方についてご紹介していきました。

自分の生き方や価値観に合う働き方が軽貨物ドライバーだったという方も多いです。自分らしく生きるための選択肢として、軽貨物ドライバーという働き方もありなのではないでしょうか。

軽貨物ドライバーJP
軽貨物ドライバーJPは東京都を中心に埼玉、千葉、神奈川県全域で軽貨物運送事業、軽貨物運送オウンドメディアを運営しております。豊富な案件を取り扱っており、現在も老若男女問わず、多くのパートナードライバーさんが活躍してくれています。弊社は共に働くパートナーさんを第一に考える会社です。また随時、パートナードライバーさんを募集しています。気になることやご相談も小さなことでも構いません。まずはお気軽にお問い合わせください。軽貨物ドライバーJPの求人ページはこちら

関連記事一覧